ツタウルシ

提供: 広島大学デジタル博物館
2024年5月9日 (木) 04:13時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ツタウルシ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

ツタウルシ(広島県山県郡北広島町; 撮影: 竹内 史, Apr. 28, 2024)

ツタウルシ Rhus ambigua Lavallee ex Dippel

シノニム

その他

分類

維管束植物門 Tracheophyta > 種子植物亜門 Spermatophytina > 被子植物上綱 Angiospermae > モクレン綱 Magnoliopsida > バラ上目 Rosanae > ムクロジ目 Sapindales > ウルシ科 Anacardiaceae > ウルシ属 Rhus

旧分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ウルシ科 Anacardiaceae > ウルシ属 Rhus

解説

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,吉備高原面から中国山地に分布し,沿岸部には見られない.

産地

天然記念物

標本

  • 広島市南原峡(km-1483),吉和村中津谷(km-83022),湯来町阿弥陀山(mt-8241),大万木山(km-72964),福富町野路山(mt-9416),極楽寺山(mt-10345),熊野町鶴ヶ沢(mt-14353),千代田町猿喰山(mt-17111),神之瀬峡(mt-17668),芸北町大暮川(sy-270),口和町田口(kk-2387),豊栄町天神嶽(mt-16098),道後山(gi-123)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 32230

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる