クロツラヘラサギ

提供: 広島大学デジタル博物館
2024年2月21日 (水) 15:31時点におけるTArimura (トーク | 投稿記録)による版 (→‎広島県方言)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 動物総合ページ > 郷土の動物 > 広島県の鳥類 > クロツラヘラサギ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

クロツラヘラサギ(岡山県;撮影:岡崎賢二, Oct. 18, 2011)

クロツラヘラサギ Platalea minor

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 鳥綱 Aves > ペリカン目 Pelecaniformes > トキ科 Threskiornithidae > ヘラサギ属 Platalea > クロツラヘラサギ Platalea minor

解説

  • 冬鳥として日本に渡来するが,数は少ない.
  • 県内では,広島市と福山市で観察例がある.
  • ヘラサギによく似るが,少し小さく,目先の黒色部が幅広い.
  • へら状のくちばしを左右に振りながら採餌するなど,習性もヘラサギによく似ている.

分布・産地・天然記念物

分布

  • 東アジア.中部満州,韓国,東中国から福建省沿岸(繫殖).冬はベトナム,南部中国,榛南,台湾,南日本.まれにフィリピンにも.

産地

天然記念物・RDB

  • 環境省RDBカテゴリ:絶滅危惧IB類(EN)
  • 国内希少野生動植物種

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

  • black-faced spoonbill

広島県方言

  • なし

備考

ギャラリー

関連ページ

参考文献

  • 日本鳥学会(編). 2012. 日本鳥類目録改訂第7版. xx + 438 pp. 日本鳥学会, 三田.
  • 日本野鳥の会広島県支部(編著). 2002. ひろしま野鳥図鑑, 増補改訂版. 267 pp. 中国新聞社, 広島.

更新履歴

  • 2021.11.12 ページ作成.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 動物総合ページ > 郷土の動物 > 広島県の鳥類 > クロツラヘラサギ | 広島県の動物図鑑 / 和名順