ウワミズザクラ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2022年3月18日 (金) 10:56時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版 (→‎解説)
ナビゲーションに移動検索に移動
ウワミズザクラ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 16, 2021)
ウワミズザクラの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 16, 2021)
ウワミズザクラ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 20, 2021)
ウワミズザクラの花.花序の下に葉がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 16, 2021)

ウワミズザクラ(東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名 Japanese name

学名

  • Padus grayana (Maxim.) C.K.Schneid.

分類

  • バラ科 Rosaceae

分布

  • 北海道(石狩平野以南)・本州・四国・九州(熊本県南部まで)の温帯

東広島キャンパスの花期

  • 4月中旬

解説

  • バラ科の落葉高木.
  • 樹皮は暗紫褐色で横に長い皮目がある.
  • 側枝は葉とともに落ちるので,大きな落葉痕ができる.
  • 新枝の先端に多数の花をつける.
  • 材としても用いられ,建築や彫刻に重用される.
  • 樹皮は桜細工に用いられる.
  • かつてはサクラ属(Prunus)であったが現在はウワミズザクラ属(Padus)である.
  • 東広島キャンパスではまれに植栽されており,工学部付近で見ることができる.

English

English name

Scientific name

  • Padus grayana (Maxim.) C.K.Schneid.

Taxonomy

  • Rosaceae

Distribution

  • Temperate zone of Hokkaido (south of Ishikari Plain), Honshu, Shikoku, Kyushu (up to southern Kumamoto Prefecture)

Flowering season

  • Mid April

Notes

  • Deciduous tree of the rose family, Rosaceae.
  • The bark is dark purple-brown with long horizontal striations.
  • The lateral branches fall with the leaves, leaving a large defoliation scar.
  • Numerous flowers are borne at the tips of new branches.
  • This tree is also used as a wood, and is valued for architecture and sculpture.
  • This species was once a genus of cherry trees (Prunus), but is now a genus of Padus.
  • Those trees are rarely planted on the Higashi-Hiroshima campus and can be seen near the School of Engineering.

中文

中文名 Chinese name

  • 灰叶稠李

科学名称

  • Padus grayana (Maxim.) C.K.Schneid.

分类

  • 蔷薇科 Rosaceae

分布

  • 主要分布在北海道(石狩平野以南)・本州・四国・九州(熊本県南部)的温帯区域.

解说

  • 蔷薇科落叶乔木。
  • 树皮深紫褐色,有长的水平条纹。
  • 侧枝与叶子一起落下,留下一个大的落叶疤痕。
  • 在新的枝条的顶端有许多花。
  • 该种可以作为木材使用,且被视为具有建筑和雕塑的价值。
  • 树皮可以用于桜細工。
  • 以前属于梅属,现在属于稠李属属。
  • 东广岛校园内较少的种植,在工学部附近可以看到。

ギャラリー Gallery 画廊


広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > ウワミズザクラ