宮島自然植物実験所/教育・研究活動/研究業績/2024年度

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島 > 研究業績 | 植物

宮島自然植物実験所 2024(令和6)年度研究業績

A. 出版物

1. 研究論文

  1. 小山克輝・坪田博美. 2024. 宮島の森林植生と災害. 厳島研究 20: (1)-(9). [Koyama, Y. & Tsubota, H. 2024. Forest vegetation and disasters on Miyajima Island, Hiroshima Prefecture, SW Japan. Studies of the Itsukushima Island 20: (1)-(9).]

2. その他

B. 学会発表

  1. ○小山克輝・坪田博美. 時系列 Landsat-TM データを用いた林野火災跡地の植生回復に関する予備的研究. 日本生態学会中国四国地区会第67回大会, 生物系三学会岡山大会(2024年5月11日, 岡山). EP-14. (ポスター発表)
  2. ○長﨑涼平・坪田博美. DNA配列にもとづくカラヤスデゴケ(Frullania muscicola Steph.)の種内変異(予報). 中国四国植物学会第80回大会, 生物系三学会岡山大会(2024年5月11日, 岡山). BP-13. (ポスター発表)
  3. ○中村 創・坪田博美. 松枯れ跡地の植生の経年変化に関する基礎研究―広島県廿日市市宮島の例―. 中国四国植物学会第80回大会, 生物系三学会岡山大会(2024年5月11日, 岡山). BP-12. (ポスター発表)
  4. ○ファン=クイン=チ・盛 沢鵬・中原-坪田美保・坪田博美. 広島県宮島におけるニホンジカの食性に関する研究. 中国四国植物学会第80回大会, 生物系三学会岡山大会(2024年5月11日, 岡山). BP-11. (ポスター発表)
  5. ○盛 澤鵬・嶋村正樹・根平達夫・和崎淳・坪田博美. A preliminary study on re-evaluating the allelopathic effects of Chinese tallow (Triadica sebifera). 日本生態学会中国四国地区会第67回大会, 生物系三学会岡山大会(2024年5月11日, 岡山). EP-08. (ポスター発表)
  6. ○坪田博美・増田武彦・大本聖美・岩藤綾子・ファン=クイン=チ・中原-坪田美保. 広島県廿日市市宮島のヤマザクラ野生集団の保全に関する基礎研究(予報). 日本生態学会中国四国地区会第67回大会, 生物系三学会岡山大会(2024年5月11日, 岡山). EP-21. (ポスター発表)
  7. 日本蘚苔類学会
  8. 日本植物分類学会
  9. 日本生態学会
  10. 日本藻類学会

C. 外部資金

D. その他

E. 講演等

旧研究業績


デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 | 植物 | 宮島 にもどる