Takeda Katoh 1983 コケ文献データベース01607

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2019年4月16日 (火) 12:50時点におけるChubo (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索
No.(コケ文献データベース)
1607
タイトル
3,10-Dihydro-1,4-dimethylazulene, a labile biosynthetic intermediate isolated from cultured cells of Calypogeia granulata Inoue.
著者名
Takeda, R., Katoh, K. 武田礼二, 加藤研治
雑誌名・書籍名・報告書
J. Am. Chem. Soc. 105, 4056-4058, 1983.
蘚苔類分類区分
H
キーワード
Chemistry. Physiology. Terpenoid. Biosynthesis. Cultured Cell.

ノート

注意事項

  • このデータは蘚苔類研究会(代表:加藤研治)発行の「コケ文献データベース」を用いたものです.
  • このデータの利用は学術用途に限り,他への転用や商用での利用は許可しません.

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / コケ / コケ文献データベース −日本関係分− にもどる