Takakia lepidozioides

提供: 広島大学デジタル博物館
2021年12月5日 (日) 15:32時点におけるChubo (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

Takakia lepidozioides ナンジャモンジャゴケ

  • 蘚類の中で最も原始的な形態をもつと考えられている
  • 見つかった当初所属が分からなかったことからこの和名がついた
  • 以前は苔類の一種と考えられていたが,現在では蘚類のもっとも基部に位置するグループの一つであることが分かっている.
  • RNAエディティングが多くみられることが知られていたが,Sadamitsu et al.(2021)でその詳細が報告されている.

データベース

引用文献