「Brotherella henonii」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
5行目: 5行目:
 
ナガハシゴケ科 Sematophyllaceae
 
ナガハシゴケ科 Sematophyllaceae
  
*ノート
+
==ノート==
**極東ロシア,中国,朝鮮に分布し,日本では北海道〜琉球の低山地に分布.
+
*極東ロシア,中国,朝鮮に分布し,日本では北海道〜琉球の低山地に分布.
**樹幹基部,朽木,岩上などに生える普通種.
+
*樹幹基部,朽木,岩上などに生える普通種.
**金属光沢をもつことから,カガミゴケと呼ばれる.
+
*金属光沢をもつことから,カガミゴケと呼ばれる.
  
 
{| border="1"  cellspacing="0"
 
{| border="1"  cellspacing="0"
47行目: 47行目:
 
[[Category:広島市]]
 
[[Category:広島市]]
 
[[Category:宮島]]
 
[[Category:宮島]]
 +
[[Category:ナガハシゴケ科]]
 +
[[Category:Sematophyllaceae]]

2019年1月5日 (土) 09:29時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > コケ植物(蘚苔類) > 情報 > コケ図鑑 > 蘚類 > B > Brotherella henonii

Brotherella henonii (Duby) M.Fleisch. カガミゴケ

ナガハシゴケ科 Sematophyllaceae

ノート

  • 極東ロシア,中国,朝鮮に分布し,日本では北海道〜琉球の低山地に分布.
  • 樹幹基部,朽木,岩上などに生える普通種.
  • 金属光沢をもつことから,カガミゴケと呼ばれる.
brotherella_henonL.jpg
(写真:広島県御調郡久井町.8月)


Brotherella-hen_capL.jpg
長いくちばしをもつふたのあるさく.


sakushibrotherellahenoniiL.jpg
カガミゴケBrotherella henonii (Duby) M.Fleisch.(ナガハシゴケ科Sematophyllaceae)の蒴歯.蒴歯は外側と内側の2列に並び,それぞれ外蒴歯,内蒴歯と呼ばれる.(日立卓上顕微鏡 TM-1000にて撮影.協力: 大塚機器東広島支店)

デジタル自然史博物館 / 植物トップ / コケ / データ・情報 / コケ図鑑 / 蘚類 / B にもどる