アイアシ

提供: 広島大学デジタル博物館
2021年8月16日 (月) 08:48時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版 (→‎インターネットリソース)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > アイアシ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

アイアシ Phacelurus latifolius (Steud.) Ohwi

シノニム

  • Phacelurus latifolius (Steud.) Ohwi var. angustifolius (Debeaux) Kitag.
  • Phacelurus latifolius (Steud.) Ohwi f. angustifolius (Debeaux) Kitag.

その他

分類

維管束植物門 Tracheophyta > 被子植物上綱 Angiospermae > モクレン綱 Agnoliopsida > ユリ上目 Lilianae [= Monocotyledones 単子葉植物] > イネ目 Poales > イネ科 Poaceae > イネ亜科 Pooideae > アイアシ属 Phacelurus

旧分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 単子葉植物綱 Monocotyledoneae > イネ科 Poaceae(Gramineae) > イネ亜科 Pooideae > アイアシ属 Phacelurus

解説

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 沿岸部の汽水域にきわめて稀に分布.
  • 土井(1983)は広島市井口から報告しているが,埋め立てのために消滅した.
  • 現在,広島県唯一の生育地は廿日市市で,満潮時に海水の侵入する水路の石垣の間に生育している.

産地

天然記念物

標本

  • 廿日市市地御前(yw-9586)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 広島県RDBカテゴリ: 準絶滅危惧(NT)
  • 環境庁コード: 69600

文献(出典)

インターネットリソース


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる