分銅形土製品

提供: 広島大学デジタル博物館
2021年2月19日 (金) 15:29時点におけるMaibun01 (トーク | 投稿記録)による版 (Maibun01 がページ「分銅形土製品(ふんどうがたどせいひん)」を「分銅形土製品」に移動しました: ページ名規則統一のため.)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > 広島大学デジタル博物館 > 文化財博物館 > 埋蔵文化財豆辞典

分銅形土製品(ふんどうがたどせいひん)

  • 分銅秤(はかり)のおもり(分銅)の形に似ていることに名前の由来がある。
  • 弥生時代に特徴的な遺物で、中四国地方を中心とする地域で用いられた。時期的には弥生時代の中期後半から後期前半を中心としている。分銅の形のほか、工の字形や長方形のものもあり、顔の表現している例もかなりある。祭祀用具と考えられている。