ツクツクボウシ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2022年1月11日 (火) 14:25時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 >ツクツクボウシ

ツクツクボウシの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 31, 2021)
ツクツクボウシの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep 9, 2017)
ツクツクボウシの成虫.夏の終わりのイメージがあるが,実際は7月にはもう出現していることが多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 1, 2019)
羽化直後のツクツクボウシの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 7, 2021)
羽化直後のツクツクボウシの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 5, 2019)

ツクツクボウシ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Meimuna opalifera

分類

  • セミ科 Cicadidae

分布

  • 日本全土.国外では朝鮮半島,中国,台湾.

解説

  • 中型のセミ.
  • 公園や樹林地にふつうに見られる.
  • 日中に「オーシツクツク」という特徴的な声で鳴く.
  • 幼虫にはツクツクボウシタケによる寄生が確認される.
  • 東広島キャンパスでは,7月上旬から鳴き始め、9月上旬まで声を聞くことが多い.

備考

参考文献

  • 槐 真史・伊丹市昆虫館. 2013. ポケット図鑑日本の昆虫1400 (1) チョウ・バッタ・セミ. 320 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 >ツクツクボウシ