ヒメクロゴキブリ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2022年1月11日 (火) 16:32時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 >ヒメクロゴキブリ

ヒメクロゴキブリの成虫.樹上性のゴキブリであり,害はない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May. 30, 2019)
ヒメクロゴキブリの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 27, 2021)
ヒメクロゴキブリの幼虫.モリチャバネゴキブリの幼虫に似るが体の縁に白い筋が入らない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 11, 2021)

ヒメクロゴキブリ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • ヒメクロゴキブリ

学名

  • Chorisoneura nigra

分類

  • チャバネゴキブリ科 Ectobiigae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

  • 胸部に濃褐色の斑紋があり,翅脈が目立つ小さなゴキブリ.
  • アカマツ林や照葉樹林に多いとされる.
  • キャンパスではふれあいビオトープ周辺に多い.

ギャラリー

備考

参考文献

  • 槐 真史・伊丹市昆虫館. 2013. ポケット図鑑日本の昆虫1400 (1) チョウ・バッタ・セミ. 320 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヒメクロゴキブリ