ベッコウハゴロモ

提供: 広島大学デジタル博物館
2020年4月28日 (火) 19:38時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動
ベッコウハゴロモの成虫.(広島県呉市灰ヶ峰, Sep. 11, 2004)
ベッコウハゴロモの幼虫.(広島県呉市灰ヶ峰, Sep. 11, 2004)
  • 本州,四国,九州,対馬,琉球に分布.
  • 体長6~8 mm.
  • 年1化,成虫は7~9月頃発生.卵越冬.
  • 成虫はクワ・チャ等の各種広葉樹で見られ,害虫となることもある.
  • 幼虫は長い毛の束を持ち,体を覆っている.