オオカマキリとチョウセンカマキリの見分け方

提供: 広島大学デジタル博物館
2022年1月8日 (土) 19:44時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版 (→‎鳥類)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ> 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 >オオカマキリとチョウセンカマキリの見分け方

オオカマキリとチョウセンカマキリの見分け方

オオカマキリチョウセンカマキリは酷似するカマキリであるが,次のような特徴から見分けることができる.

  • オオカマキリの傾向
    • 後翅の基部は濃褐色.
    • 前脚の付け根はくすんだ黄色.
    • 丈の高い草地や林縁部の蔓,低木の上に見られることが多い.
    • 後種より大型の個体が多い.
    • 卵鞘は大きく丸みを帯びた形状をしている.
  • チョウセンカマキリの傾向
    • 後翅の基部はほぼ透明.
    • 前脚の付け根は鮮やかな橙色.
    • 前種より小型の個体が多い.
    • 卵鞘は細長い.


個別ページ

見分け方に関連するページ

両生類

爬虫類

鳥類

昆虫


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ> 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 にもどる