検索結果

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
  • 地衣 (カテゴリ 地衣) (似種見分け方の節)
    2018. 「木毛」ウォッチングための手引き 中級編 中四国地衣Ⅰ - 宮島・岩国地衣 - 2018年度版. 86 pp. 地衣ネットワーク, 寝屋川市. 山本好和・小峰正史・原 光二郎・高橋奏恵. 2013. 「木毛」ウォッチングための手引き 中級編 東北地衣. 196 pp. 三恵社
    4キロバイト (1,583 語) - 2021年10月29日 (金) 16:33
  • 2003. 野花・今昔, 房総原風景とそこに生た花・鳥・魚たち(平成15年度特別展解説書). 187 pp. うらべ書房, 木更津. 佃 雅文. 1983. 近世宮島山林をめぐる人々. 宮島歴史と民俗 2: 9–17. 坪田博美. 2014. 宮島自然-そ現状と課題-. 厳島研究 10:
    17キロバイト (4,359 語) - 2022年4月9日 (土) 15:36
  • 東広島植物園 (カテゴリ 広島大学自然) (研究・教育エリアの節)
    技術指導 研究用植物栽培・増殖,実験材料栽培育成と提供 有用植物,教材植物栽培育成と展示 園内植物写真,植物リスト作成など資料収集 生態実験園で里山的法を用いた生物保護へ試み キャンパス・スチューデント・レンジャー(CSR)によるキャンパス自然観察 理科先生や植物学の研究者を目指す
    22キロバイト (3,345 語) - 2022年5月20日 (金) 20:47
  • , コケ類研究の手引き, 79-88 pp. 分子系統学 分子系統解析 系統解析について 坪田博美・有川智己. 2003. 分子系統解析法. 日本蘚苔学会記念出版物編集委員会(編), コケ類研究の手引き, 79-88 pp. 坪田博美・有川智己. 2011. 新・分子系統解析法. 日本蘚苔学会創立40周年記念出版委員会(編)
    3キロバイト (720 語) - 2021年8月28日 (土) 06:24
  • 100 万人規模都市近くで,これほど豊かな自然が残っている場所は,世界を探してもあまり例を見ないように思います.こ本は,そ貴重な宮島自然,とくに植生とそ構成員である植物について解説したもです.皆さん野外観察の手引きになれば幸いです.  近年,環境に対する意識高まりや,生涯学習と
    7キロバイト (2,291 語) - 2019年5月13日 (月) 08:15
  • 坪田・有川 2003 (カテゴリ コケ類研究の手引き)
    2003. 分子系統解析法. 日本蘚苔学会記念出版物編集委員会(編), コケ類研究の手引き, 79-88 pp. 分子系統学 分子系統解析 系統解析について 坪田博美・有川智己. 2003. 分子系統解析法. 日本蘚苔学会記念出版物編集委員会(編), コケ類研究の手引き, 79-88 pp. 坪田博美・有川智己
    503バイト (205 語) - 2021年8月28日 (土) 06:22
  • 坪田・有川 2011 (カテゴリ コケ類研究の手引き)
    分子系統解析法. 日本蘚苔学会記念出版物編集委員会(編), コケ類研究の手引き, 79-88 pp. 坪田博美・有川智己. 2011. 新・分子系統解析法. 日本蘚苔学会創立40周年記念出版委員会(編), 改訂新版・コケ類研究の手引き, 69-82 pp. 日本蘚苔学会, 東広島. [Tsubota
    808バイト (256 語) - 2021年8月28日 (土) 06:22
  • アンモニア化,アンモニア化成 ammonotelic アンモニア排出性, アンモニア終末型, アンモニア排泄 amnion amniota 有羊膜,羊膜 amniote egg 有羊膜卵 amoeba AMP amphibian(s) 両生,両生類の amphidiploid amphipathic amphiphloic
    5キロバイト (27,248 語) - 2018年9月26日 (水) 10:40
  • 広島大学総合博物館研究報告 10: 121-127 PDF 神林千晶・宇都武司・塩路恒生・倉林 敦・清水則雄. 2016. 広島大学東広島キャンパス両生相―外来生物現状とそ影響―. 広島大学総合博物館研究報告 8: 17-29 PDF 佐藤祐輔・坂本 充. 2017. 広島大学東広島キャンパスチョウ相
    104キロバイト (5,353 語) - 2022年5月20日 (金) 07:55
  • 分子系統解析法. 日本蘚苔学会記念出版物編集委員会(編), コケ類研究の手引き, 79-88 pp. 坪田博美・有川智己. 2011. 新・分子系統解析法. 日本蘚苔学会創立40周年記念出版委員会(編), 改訂新版・コケ類研究の手引き, 69-82 pp. 日本蘚苔学会, 東広島. [Tsubota
    510バイト (177 語) - 2021年11月5日 (金) 06:49
  • 世界に広く分布. 窒素分多い土上に生育する. 雌雄異株.5月ころから雌器托(ゆうたく)や雄器托(したく)が成長し始める. 堀川(1947)に,広島では原子爆弾後にも生育していた旨記述がある. 堀川芳雄. 1947. 植物小記. B.Z 4: 10-11. デジタル自然史博物館 / 植物トップ / コケ / データ・情報
    5キロバイト (118 語) - 2021年1月27日 (水) 20:33
  • 東広島キャンパス花ごよみ (カテゴリ 広島大学自然) (過去ニュースの節)
    キャンパスまるごと博物館 > 広島大学自然 > 東広島キャンパス花ごよみ キャンパスで現在見られる植物花や実情報です.名前や写真をクリックすると解説ページに移動します. 過去ニュースはこちら 今年東広島キャンパスで見られるサクラ情報はこちら 動物ページ(東広島キャンパス物)はこちら 2022.05
    54キロバイト (6,732 語) - 2022年5月18日 (水) 15:02
  • ます.これほど多く鳥が見られるは,干潟(ひがた)から山にいたる多様な環境が自然まま保たれていることが理由ひとつとしてあげられます.  日本列島がでてから長い歴史中で,大型哺乳(ほにゅうるい)影響(えいょう)がなかった時期というは,実はここ二千年程度期間(かん)しかありません
    9キロバイト (2,013 語) - 2021年6月25日 (金) 21:54
  • 文献/コケ (カテゴリ コケ) (コケ植物に関する文献の節)
    植物 > コケ植物(蘚苔) > 情報 > 文献 | 文献 > コケ 種ごと文献 日本植物分学会(監修), 戸部博・田村実(編著). 2012. 新しい植物分学II. 講談社, 東京. 日本蘚苔学会創立40周年記念出版委員会(編). 2011. 改訂新版・コケ類研究の手引き. 日本蘚苔学会, 東広島
    1キロバイト (231 語) - 2021年10月1日 (金) 16:03
  • 地衣/文献 (カテゴリ 地衣) (地衣に関係した文献の節)
    2018. 「木毛」ウォッチングための手引き 中級編 中四国地衣Ⅰ - 宮島・岩国地衣 - 2018年度版. 86 pp. 地衣ネットワーク, 寝屋川市. 山本好和・小峰正史・原 光二郎・高橋奏恵. 2013. 「木毛」ウォッチングための手引き 中級編 東北地衣. 196 pp. 三恵社
    523バイト (1,280 語) - 2020年3月12日 (木) 19:50
  • > 植物 > コケ植物(蘚苔) > 植物データベース > タイプ標本 | 情報 > タイプ標本について 生物を研究対象とする生物科学では,その研究成果公表にあたっては,取り扱った生物がいずれ生物群に所属するもであるかを明記するが当然ことである.しかし,各国,各人が独自に固有言語,記述方法
    5キロバイト (1,079 語) - 2010年3月19日 (金) 15:22
  • 治時代奄美諸島標本と台湾標本、土井氏自身採集になる屋久島シダ標本を紹介する。土井氏はカワゴケソウ科の研究でも有名であったが、新敏夫教授がその研究引き継いだで、土井コレクション中にはカワゴケソウ科標本はない。土井コレクションは宮島実験所にある第一級貴重な標本である。 そ他、6)三原市・東広島市のフロラ資料
    18キロバイト (4,130 語) - 2020年12月15日 (火) 21:35
  • 異なるミズゴケ栽培方法を用いた水環境へ影響とオオミズゴケおよび共生栽培イネ成長に関する比較研究. Hikobia 16: 79-83 山口富美夫・竹中大祐(2011). 日本貴重なコケの森「古処山」Bryol. Res. 10:141. 山口富美夫 (2011). 標本作製と管理.改訂新版・コケ類研究の手引き.pp.9-14
    6キロバイト (1,179 語) - 2020年9月17日 (木) 15:23
  • す. 日本植生と亜熱帯林について 近年分子生物学的研究で植物も大く変わりました.それを反映した展示も行いました. 植物陸上進化流れも展示していました.これはヒカゲノカズラ植物です. 狭義(狭い意味)でシダ植物や裸子植物 現生裸子植物を集めたコーナーです. 被子植物体系について
    25キロバイト (3,519 語) - 2022年5月6日 (金) 21:09
  • 日本蘚苔学会記念出版物編集委員会(編), コケ類研究の手引き, 79-88 pp. Tsubota Arikawa 2011 坪田博美・有川智己. 2011. 新・分子系統解析法. 日本蘚苔学会創立40周年記念出版委員会(編), 改訂新版・コケ類研究の手引き, 69-82 pp. 日本蘚苔学会,
    63キロバイト (13,252 語) - 2021年2月20日 (土) 13:54

(前の20件 | 次の20件) (20 | 50 | 100 | 250 | 500 件) を表示