検索結果

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
  • コツチグリ ツチグリ コツブタケ アミタケ チチアワタケ ヌメリイグチ ボタンイボタケ モミジタケ ケロウジ ヒロハノキカイガラタケ アラゲキクラゲ キクラゲ タマキクラゲ クロハナビラニカワタケ ニッケイタケ エゴノキタケ オオシワタケ カワラタケ コフキサルノコシカケ シハイタケ ヒイロタケ ヒトクチタケ
    13キロバイト (549 語) - 2021年3月16日 (火) 11:54
  • 広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > キクラゲ キクラゲ Auricularia auricula キクラゲ科 Auricularaceae 日本、中国、韓国、北米、東南アジア 春、梅雨期、秋などに広葉樹の材から発生する. 冬や早春にも見かけることの多いきのこ
    2キロバイト (196 語) - 2020年10月14日 (水) 19:52
  • nigricans キクラゲ科 Auricularaceae 日本 春、梅雨期、秋などに広葉樹の材から発生する. 冬や早春にも見かけることの多いきのこ. 子実体の表面に微細な毛があり、白灰色に見える. 子実体は茶褐色で半透明のゼラチン質だが、乾燥すると黒変し硬くなる. キクラゲとあまり区別されず食用にされる
    2キロバイト (225 語) - 2020年10月14日 (水) 20:00
  • タマキクラゲ 広島大学東広島キャンパス (カテゴリ シロキクラゲ目)
    広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > タマキクラゲ ファイル:20200213タマキクラゲ 東広島市鏡山 岩﨑撮影 DSC 0638s.JPG タマキクラゲ Exidia uvapassa ヒメキクラゲ科 Exidiaceae 編集中
    2キロバイト (194 語) - 2020年4月24日 (金) 20:47