検索結果

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
  • キアミアシイグチ キイロイグチ キヒダタケ セイタカイグチ ハナガサイグチ ブドウニガイグチ ホオベニシロアシイグチ モエギアミアシイグチ ヤマドリタケモドキ オウギタケ クギタケ クチベニタケ(編集中) コツチグリ ツチグリ コツブタケ アミタケ チチアワタケ ヌメリイグチ ボタンイボタケ モミジタケ ケロウジ ヒロハノキカイガラタケ
    13キロバイト (549 語) - 2021年3月16日 (火) 11:54
  • 広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > オウギタケ オウギタケ Gomphidius roseus オウギタケ科 Gomphidiaceae 編集中 アミタケのそばによく発生する. アミタケに寄生すると考えられている. 傘は薄紅色でぬめりがある
    2キロバイト (158 語) - 2020年10月14日 (水) 19:32
  • クギタケ 広島大学東広島キャンパス (カテゴリ オウギタケ科)
    デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > クギタケ クギタケ Chroogomphus rutilus オウギタケ科 Gomphidiaceae 北半球温帯域 主に秋季に松林の地上に発生する. 東広島キャンパスでは,アカマツ林に見られる. ヌメリイグチ属の菌糸に寄生して発生する
    2キロバイト (190 語) - 2020年3月13日 (金) 16:39
  • アミタケ 広島大学東広島キャンパス (カテゴリ ヌメリイグチ)
    管孔が粗く放射状の網目に見えることが名前の由来. 発生数が多いので,地域によってはよく食用にされる. 加熱すると赤紫色に変色する. 頻繫にオウギタケやクギタケなどのオウギタケ科に寄生され,一緒に発生している. 東広島キャンパスの菌類 今関六也・大谷吉雄・本郷次雄(編著). 2011. 山溪カラー名鑑 日本のきのこ
    2キロバイト (245 語) - 2020年3月13日 (金) 17:38