差分

2,180 バイト追加 、 2019年4月23日 (火) 13:20
編集の要約なし
1行目: 1行目:  +
<span style="font-size:10">[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]]> [[魚類図鑑]] > メガネカスベ | [[魚類図鑑/分類|分類]] / [[魚類図鑑/和名順/ブロック|和名順]] / [[魚類図鑑/学名順/ブロック|学名順]]</span>
 +
 
[[ファイル: 2004Febメガネカスベ_広島湾_加村撮影_meganekasube.JPG|200px|thumb|right|メガネカスベ(広島湾; 撮影: 加村, Feb.,2004)]]
 
[[ファイル: 2004Febメガネカスベ_広島湾_加村撮影_meganekasube.JPG|200px|thumb|right|メガネカスベ(広島湾; 撮影: 加村, Feb.,2004)]]
 +
 +
 +
 +
=メガネカスベ ''Raja pulchra''=
 +
==シノニム==
 +
===その他===
 +
 +
==分類==
 +
脊索動物門 Chordata
 +
> 脊椎動物亜門 Vertebrata
 +
> 軟骨魚綱 Chondrichthyes
 +
> 板鰓亜綱 Elasmobranchii
 +
> エイ区 Batoidea
 +
> エイ上目 Batidoidimorpha
 +
> ガンギエイ目 Rajiformes
 +
> ガンギエイ科 Rajidae
 +
> メガネカスベ属 ''Raja''
 +
> メガネカスベ ''Raja pulchra''
 +
 +
==解説==
 +
*水深5~120 mの砂泥底.
 +
*北海道全沿岸,青森県~島根県,隠岐の日本海沿岸,青森県~千葉県銚子の太平洋沿岸,愛知県三谷,沖縄舟状海盆.国外では朝鮮半島南岸・東岸~ピーター大帝湾,中国黄海・東シナ海沿岸,サハリン南部・千島列島南部(稀).
 +
*サハリン南部以南の砂泥域に棲息し,体長は1 mに達する.
 +
*体盤背側は褐色で腹側は白色,体盤中央部には2個の眼状斑が並び,近縁種の「コモンカスベ」に比べ吻部が長いことが大きな特徴.
 +
 +
 +
==天然記念物・RDB==
 +
*該当なし
 +
 +
==慣用名・英名・広島県方言==
 +
===慣用名===
 +
===英名===
 +
===広島県方言===
 +
 +
==関連ページ==
 +
*[[魚類図鑑]]
 +
 +
==参考文献==
 +
*中坊徹次(編).  2013.  日本産魚類検索 全種の同定, 3版.  xlix + xxxii + xvi + 2428 pp.  東海大学出版会, 秦野.
 +
 +
----
 +
<span style="font-size:10">[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]]> [[魚類図鑑]] > [[メガネカスベ]] | [[魚類図鑑/分類|分類]] / [[魚類図鑑/和名順/ブロック|和名順]] / [[魚類図鑑/学名順/ブロック|学名順]]</span>
 +
 +
[[Category:動物]]
 +
[[Category:魚類図鑑]]
 +
[[Category:R]]
 +
[[Category:メ]]
 +
[[Category:魚類]]
 +
[[Category:ガンギエイ目]]
 +
[[Category:ガンギエイ科]]
 +
[[Category:標準和名]]
2,224

回編集