差分

29行目: 29行目:  
*[[坪田_2014|坪田博美.  2014.  宮島の自然-その現状と課題-. 厳島研究 10: (1)-(18). ]]
 
*[[坪田_2014|坪田博美.  2014.  宮島の自然-その現状と課題-. 厳島研究 10: (1)-(18). ]]
 
*[[坪田・中原-坪田_2020|坪田博美・中原-坪田美保.  2020.  宮島のサクラ.  厳島研究 16: (1)-(8).]]
 
*[[坪田・中原-坪田_2020|坪田博美・中原-坪田美保.  2020.  宮島のサクラ.  厳島研究 16: (1)-(8).]]
 +
 +
 +
引用文献(和文あいうえお順、英文アルファベット順)
 +
青山幹男(写真)・広島大学総合博物館 広島大学博物誌出版WG(編集 [編集・発行:池田秀雄・山口富美夫・坪田博美・清水則雄・塩路恒生・山口信雄・池田誠慈・青山恵子/解説:池田秀雄・坪田博美]).  2018.  広島大学東広島キャンパスのサクラ.  47 pp.  広島大学総合博物館、東広島.
 +
井筒清次.  2007.  おもしろくてためになる桜の雑学事典.  254 pp.  日本実業出版社、東京.
 +
内田慎治・向井誠二・坪田博美.  2014.  宮島の桜.  宮島自然植物実験所ニュースレター 22: 1.
 +
岡田 清(編著)、山野峻峯斎(画).  1842.  藝州嚴島圖會.  中島本町、広島.  (早稲田大学図書館古典籍総合データベース、https://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/bunko30/bunko30_e0225/index.html、2020年3月3日閲覧、および福田(1973)参照)
 +
小川和佑.  1993.  桜と日本人.  221 pp.  新潮社、東京.
 +
勝木俊雄.  2015.  桜.  228 pp.  岩波書店、東京.
 +
勝木俊雄.  2018.  桜の科学.  191 pp.  SBクリエイティブ、東京.
 +
加藤(林)弥栄.  1939.  宮島植物誌.  植物趣味 8: 173–193、8: 256–274.
 +
木原 浩(写真)、大場秀章・川崎哲也・田中秀明(解説).  2007.  新日本の桜.  263 pp.  山と溪谷社、東京.
 +
近畿中国森林管理局.  2003.  世界文化遺産の森林景観の回復「森林景観の保全指針」作成のための調査報告書.  103 pp.  林野弘済会大阪支部、大阪.
 +
関 太郎・中西弘樹・鈴木兵二・堀川芳雄.  1975.  厳島(宮島)の維管束植物.  天然記念物瀰山原始林・特別名勝厳島緊急調査委員会(編)、厳島の自然、総合学術調査研究報告、pp. 211–332 + pls. XLII–XLIII.  宮島町、広島.
 +
谷川ゆき(編・著).  2019.  厳島に遊ぶ―描かれた魅惑の聖地―、 展覧会ブックレット.  海の見える杜美術館、廿日市.
 +
多摩森林科学園.  2015.  多摩森林科学園サクラデータベース.  http://db.ffpri.affrc.go.jp/sakura/home.php(2020年2月29日閲覧)
 +
千葉県立中央博物館(監修).  2003.  野の花・今昔、房総の原風景とそこに生きた花・鳥・魚たち(平成15年度特別展解説書).  187 pp.  うらべ書房、木更津.
 +
佃 雅文.  1983.  近世の宮島の山林をめぐる人々の動き.  宮島の歴史と民俗 2: 9–17.
 +
坪田博美.  2014.  宮島の自然-その現状と課題-.  厳島研究 10: (1)–(18).
 +
坪田博美・宮本有希・諸石智大・内田慎治・中原-坪田美保・佐々木一寧.  2017.  世界遺産宮島の森林を教材にした小中大学連携-宮島ロープウエー駅舎付近の植生回復を例に-.  厳島研究 13: (1)–(6).
 +
坪田博美・小山克輝・松坂啓佑・向井誠二・中原-坪田美保・槙原佳子.  2019.  宮島国有林林野火災跡地の植栽地の現状―植生回復状況の予備的調査―.  Hikobia 18: 41–55.
 +
所 信文.  1897.  巖島名所志るべ.  102 pp.  嚴島町.  (国立国会図書館デジタルコレクション、https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/766075、2020年3月3日閲覧)
 +
広島県教育委員会(広島県教育委員会事務局生涯学習部文化課 編).  2007.  特別史跡及び特別名勝厳島 保存管理計画.  –vii + 94 pp.  広島県教育委員会、広島.
 +
広島大学大学院理学研究科附属宮島自然植物実験所(編)、坪田博美・向井誠二.  2009.  宮島の植物と自然、8版.  160 pp.  広島大学大学院理学研究科附属宮島自然植物実験所、廿日市.
 +
福田直記(編).  1973.  藝州厳島圖會、上巻.  445 pp.  宮島町、広島.
 +
堀川芳雄.  1942.  厳島の植物.  広島県教育委員会(編)、広島県史蹟名勝天然記念物調査報告第5輯、pp. 157–212. + pls. 44–52.  広島県教育委員会、広島.
 +
本多静六.  1913.  嚴島公園改良案.  72 pp + 嚴島公園改良豫定圖.  廣島縣内務部、廣島.
 +
牧野和春.  2002.  新桜の精神史.  244 pp.  中央公論社、東京.
 +
三浦正幸.  2011.  平清盛と宮島.  175 pp.  南々社、広島.
 +
「宮島の自然観察」編集委員会(編).  1978.  宮島の自然観察.  36 pp.  日本自然保護協会、東京.
 +
宮本常一.  2003.  自然と日本人、宮本常一著作集43.  298 pp.  未來社、東京.
 +
三次 學.  1938.  櫻.  467 + 4 pp.  富山房、東京.  [1980年発行復刻版]
 +
米倉浩司・梶田 忠.  2003–.  BG Plants 和名、学名インデックス(YList).  http://ylist.info/(2020年2月29日閲覧)
 +
Katsuki, T.  2018.  A new species, Cerasus kumanoensis from the southern Kii Peninsula, Japan.  Acta Phytotax. Geobot. 69: 119–133.
    
===インターネットリソース===
 
===インターネットリソース===