植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter519

ヒコビアミニレター No. 519(2020年12月10日)

 2020年12月5日(土)の第642回植物観察会は,2020年度第24回ヒコビアセミナ-を兼ねて,勉強会として「Zoomミーティング」を用いたオンライン形式で行われた.参加者は34名.天気ははれ.13時開場,13時30分からヒコビア会の山口会長の挨拶の後,セミナ-を開始した.発表は5題あり,前半は「Taxonomic revision of genus Marchantia L. in Japan.」(鄭 天雄),「Effects of logging and land use changes on the lowland tropical rain forest in Malaysia」(奥田敏統),「著書『〈正義〉の生物学 トキやパンダを絶滅から守るべきか』について」(山田俊弘)について発表があった.10分間の休憩をはさんで,「堀川式三面分布図の現代版を支えるデータベース」(垰田 宏),「宮島自然植物実験所に保管されている貴重な維管束植物標本」・「ヤッコソウを訪ねて」(いずれも,関 太郎)について発表があった.セミナ-としては16時50分ころ終了したが,その後オンライン上で歓談した.

(H. Tsubota, S. Uchida & Y. Inoue 記)

要旨

Taxonomic revision of genus Marchantia L. in Japan

Tian-Xiong Zheng (Laboratory of Plant Taxonomy and Ecology Hiroshima University)

Effects of logging on the lowland tropical rain forest in Peninsular Malaysia

Toshinori Okuda (Graduate School of Integrated Sciences for Life, Hiroshima University), co-authored with; Toshiro Yamada, Tetsuro Hosaka, Masahiro Miyasaku, Mazlan Hashim, Alvin Lau Meng Shin, Saw Leng Guan, Ken Shima, Toshihiro Yamada, Kaoru Niiyama, Yoshiko Kosugi, Tsuyoshi Yoneda, Eng Seng Quah

<正義>の生物学―生物多様性を保全する理由―

山田俊弘
広島大学大学院統合生命科学研究科

堀川式三面分布図の現代版を支えるデータベース

垰田宏

宮島自然植物実験所に保管されている貴重な維管束植物標本

関太郎

ヤッコソウを訪ねて

関太郎

参考

山田俊弘(Zoomのチャットより)


デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる