「植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter515」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
1行目: 1行目:
 
=ヒコビアミニレター No. 515(2020年12月9日)=
 
=ヒコビアミニレター No. 515(2020年12月9日)=
 2020年8月16日の第638回植物観察会は,広島市南区元宇品で行われた.参加者はxx名.天気ははれ.10時に宇品港の市営桟橋の待合室に集合.当初の予定は同南区宇品町金輪島であったが,お盆ダイヤで予定していた便がなかったことと,新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため金輪島への入島自粛が求められていたことで当日変更になった.説明の後,元宇品まで歩く.途中公園や道路沿いでクスノキ(植栽)やナンキンハゼ,マテバシイ(植栽),ウバメガシ(植栽),コメヒシバ,ヨモギ,マサキ(植栽),ナツヅタ,ムラサキカタバミ,コニシキソウ,スベリヒユ(開花),クズ,イヌビワ,ノハカタカラクサ,ヤブガラシ,ツルウメモドキ,オシロイバナ,エノキなどをみる.旧水族館入り口の階段から元宇品公園に入る.階段を上がって,遊歩道を進む.途中でクサギやヒナタイノコヅチ,ツワブキ,ヤブコウジ,テイカカズラ,マンリョウ,コジイ,ハゼノキ,カクレミノ,ヒサカキ,シュロ,ヤマフジ,ヤブニッケイ,アラカシ,クロキ,ムベ,クスノキ,センリョウ,ホルトノキ,ムクノキ,モチノキ,オニヤブソテツ,イズセンリョウ,ヤブラン,クロガネモチ,ヤブミョウガ,ツルグミ,シキミ,トベラ,クロキ,タブノキ,ヤツデ,オオフユイチゴ,ヒメユズリハ,アベマキ,サカキ,ネズミモチ,ヤツデ,ナナミノキ,モッコク,クズ,ミツバアケビ,ウラジロ,アベマキ(胸高直径68 cm),シロダモ,ヘクソカズラ,タイミンタチバナ,ヤマモモ,ヤマザクラ,ヤブツバキ,ビナンカズラ,ヒトツバ,キヅタ,モウソウチクなどをみる.道中,アブラゼミやツクツクボウシ,クマゼミの声を聞く.12時頃,灯台に到着.灯台の周辺でアカメガシワやタブノキ,クスノキ,オオバコ,オキナワジュズスゲ,クサイチゴなどをみる.昼食後に集合写真を撮影.新型コロナウイルス感染症を考慮して少し早いが12時30分頃解散.解散後,千葉倉庫までの道中でマサキ,ケウバメガシ,ハゼノキ,カゴノキ,ミツバ,ミズヒキ,ケヤキ,チヂミザサ,エビヅル,コシダ,ネムノキ,アオギリなどをみる.
+
 2020年8月16日の第638回植物観察会は,広島市南区元宇品で行われた.参加者は25名.天気ははれ.10時に宇品港の市営桟橋の待合室に集合.当初の予定は同南区宇品町金輪島であったが,お盆ダイヤで予定していた便がなかったことと,新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため金輪島への入島自粛が求められていたことで当日変更になった.説明の後,元宇品まで歩く.途中公園や道路沿いでクスノキ(植栽)やナンキンハゼ,マテバシイ(植栽),ウバメガシ(植栽),コメヒシバ,ヨモギ,マサキ(植栽),ナツヅタ,ムラサキカタバミ,コニシキソウ,スベリヒユ(開花),クズ,イヌビワ,ノハカタカラクサ,ヤブガラシ,ツルウメモドキ,オシロイバナ,エノキなどをみる.旧水族館入り口の階段から元宇品公園に入る.階段を上がって,遊歩道を進む.途中でクサギやヒナタイノコヅチ,ツワブキ,ヤブコウジ,テイカカズラ,マンリョウ,コジイ,ハゼノキ,カクレミノ,ヒサカキ,シュロ,ヤマフジ,ヤブニッケイ,アラカシ,クロキ,ムベ,クスノキ,センリョウ,ホルトノキ,ムクノキ,モチノキ,オニヤブソテツ,イズセンリョウ,ヤブラン,クロガネモチ,ヤブミョウガ,ツルグミ,シキミ,トベラ,クロキ,タブノキ,ヤツデ,オオフユイチゴ,ヒメユズリハ,アベマキ,サカキ,ネズミモチ,ヤツデ,ナナミノキ,モッコク,クズ,ミツバアケビ,ウラジロ,アベマキ(胸高直径68 cm),シロダモ,ヘクソカズラ,タイミンタチバナ,ヤマモモ,ヤマザクラ,ヤブツバキ,ビナンカズラ,ヒトツバ,キヅタ,モウソウチクなどをみる.道中,アブラゼミやツクツクボウシ,クマゼミの声を聞く.12時頃,灯台に到着.灯台の周辺でアカメガシワやタブノキ,クスノキ,オオバコ,オキナワジュズスゲ,クサイチゴなどをみる.昼食後に集合写真を撮影.新型コロナウイルス感染症を考慮して少し早いが12時30分頃解散.解散後,千葉倉庫までの道中でマサキ,ケウバメガシ,ハゼノキ,カゴノキ,ミツバ,ミズヒキ,ケヤキ,チヂミザサ,エビヅル,コシダ,ネムノキ,アオギリなどをみる.
 
<div style="text-align:right">(H. Tsubota & M. Nakahara-Tsubota 記)</div>
 
<div style="text-align:right">(H. Tsubota & M. Nakahara-Tsubota 記)</div>
  

2020年12月10日 (木) 09:53時点における最新版

ヒコビアミニレター No. 515(2020年12月9日)

 2020年8月16日の第638回植物観察会は,広島市南区元宇品で行われた.参加者は25名.天気ははれ.10時に宇品港の市営桟橋の待合室に集合.当初の予定は同南区宇品町金輪島であったが,お盆ダイヤで予定していた便がなかったことと,新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため金輪島への入島自粛が求められていたことで当日変更になった.説明の後,元宇品まで歩く.途中公園や道路沿いでクスノキ(植栽)やナンキンハゼ,マテバシイ(植栽),ウバメガシ(植栽),コメヒシバ,ヨモギ,マサキ(植栽),ナツヅタ,ムラサキカタバミ,コニシキソウ,スベリヒユ(開花),クズ,イヌビワ,ノハカタカラクサ,ヤブガラシ,ツルウメモドキ,オシロイバナ,エノキなどをみる.旧水族館入り口の階段から元宇品公園に入る.階段を上がって,遊歩道を進む.途中でクサギやヒナタイノコヅチ,ツワブキ,ヤブコウジ,テイカカズラ,マンリョウ,コジイ,ハゼノキ,カクレミノ,ヒサカキ,シュロ,ヤマフジ,ヤブニッケイ,アラカシ,クロキ,ムベ,クスノキ,センリョウ,ホルトノキ,ムクノキ,モチノキ,オニヤブソテツ,イズセンリョウ,ヤブラン,クロガネモチ,ヤブミョウガ,ツルグミ,シキミ,トベラ,クロキ,タブノキ,ヤツデ,オオフユイチゴ,ヒメユズリハ,アベマキ,サカキ,ネズミモチ,ヤツデ,ナナミノキ,モッコク,クズ,ミツバアケビ,ウラジロ,アベマキ(胸高直径68 cm),シロダモ,ヘクソカズラ,タイミンタチバナ,ヤマモモ,ヤマザクラ,ヤブツバキ,ビナンカズラ,ヒトツバ,キヅタ,モウソウチクなどをみる.道中,アブラゼミやツクツクボウシ,クマゼミの声を聞く.12時頃,灯台に到着.灯台の周辺でアカメガシワやタブノキ,クスノキ,オオバコ,オキナワジュズスゲ,クサイチゴなどをみる.昼食後に集合写真を撮影.新型コロナウイルス感染症を考慮して少し早いが12時30分頃解散.解散後,千葉倉庫までの道中でマサキ,ケウバメガシ,ハゼノキ,カゴノキ,ミツバ,ミズヒキ,ケヤキ,チヂミザサ,エビヅル,コシダ,ネムノキ,アオギリなどをみる.

(H. Tsubota & M. Nakahara-Tsubota 記)

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる