「植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter504」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
1行: 1行:
 
= ヒコビアミニレターNo. 504(2019年11月18日)=
 
= ヒコビアミニレターNo. 504(2019年11月18日)=
 2019年11月17日の第628回植物観察会は,東広島市安芸津町の
+
 2019年11月17日の第628回植物観察会は,東広島市安芸津町の祝詞山八幡神社―筥崎権現神社―榊山八幡神社のコースで行われた.JR風早駅に9時30分集合.参加者xx名.久藤先生からコース説明の後,祝詞八幡神社に向かう.途中,スギナやムラサキカタバミ,イヌタデ,アカメガシワ,オヒシバ,コニシキソウ,ホトケノザ(開花),イヌビワ,クサギ,コゴメギク,ヨモギ,ススキ,ヒサカキ,フキ,ヨウシュヤマゴボウ,ツユクサなどを見る.呉線をくぐってさらに進みながら,アカマツやキヅタ,コシダ,ヌルデ,コナラ,ウツギ,テイカカズラ,マメカミツレ,ソテツ(植栽),ミカヅキゼニゴケ,ゼニゴケなどを見る.10時すぎに自家用車の方と祝詞山八幡神社で合流.久藤先生から再度コースの説明.神社で関先生からコバンモチについて植物学的な説明の後,天然記念物である社叢を観察.ヒノキやヤマモモ,アラカシ,コバンモチ,サカキ,クスノキ,シュロ,タイミンタチバナ,コジイ,シリブカガシ,イヌビワ,カクレミノ,ヤブニッケイ,ヒサカキ,カナメモチ,ナナミノキ,クロキ,センリョウ,モッコク,ヒメユズリハ,ネズミモチ,ヤブツバキ,ヒイラギ,ヤブコウジ,キヅタ,ヒトツバ,テイカカズラなどが生育.コバンモチの大木を久藤先生や小山くんが測定し,胸高直径96 cm(周囲 302 cm).神社でヤダケやエノキ,リンボクなどを見て,次の目的地である筥崎権現神社に向かう.途中,クリやススキ,トウネズミモチ,コマツヨイグサ,ハナイバナ,クチナシ(植栽),チチコグサモドキ,イヌケホシダ,イヌカタヒバ,ナズナ(開花),スミレ(開花),カニクサ,ヘクソカズラなどを見る.11時30分すぎに筥崎権現神社に到着.社叢で,イボタノキやエノキ,クスノキ,ネズミモチ,ヤブツバキ,アラカシ,カクレミノ,カゴノキ,クチナシ,マンリョウ,ツワブキ,マサキ,イヌビワ,ヤツデ,キヅタ,イタビカズラ,ナギ(植栽?),モチノキ,リンボク,テイカカズラ,ナナメノキなどを見る.神社の境内で昼食をとって,12時30分に出発.榊山八幡神社に向かう道中,ススキやクズ,アカメガシワ,ミゾソバ,ビロードモウズイカ,ヤクシソウ,ヒメジャゴケ,ヌルデ,アオギリ,クサギ,ヘクソカズラなどを見る.13時頃,榊山八幡神社に到着.境内林約4 haは県環境保全林に指定されているとのこと.境内ではアラカシやヒメユズリハ,クロキ,コバンモチ,クロバイ,コジイ,ヤツデ,シャリンバイ,イヌビワ,ヤブツバキ,アカメガシワ,ネズミモチ,ウラジロ,ザイフリボク,コシダ,ヒサカキ,シャシャンボ,ヒノキ,スギ,サカキ,イヌビワ,ヤマノイモ,カクレミノ,ネジキ,イチョウ(植栽),ヤマモモ,ビワ,イヌマキ,サカキ,ヤマウルシなどを見る.ササはサイヨウザサとのこと.13時30分ころ解散.13時30分頃神社で解散し,JR安芸津駅や自家用車など,各々帰路についた.
 
+
<div style="text-align:right">(H. Tsubota, Y. Koyama & S. Ikeda 記)</div>
 
+
-室浜のコースで行われた.JR駅に9時30分集合.自家用車の方と神社で合流.参加者19名.久藤先生からコース説明の後,祝詞八幡神社にに向かう.
+
 
+
13時30分頃神社で解散し,各々帰路についた.
+
 
+
<div style="text-align:right">(H. Tsubota & Y. Koyama 記)</div>
+
  
 
----
 
----

2020年1月8日 (水) 22:34時点における版

ヒコビアミニレターNo. 504(2019年11月18日)

 2019年11月17日の第628回植物観察会は,東広島市安芸津町の祝詞山八幡神社―筥崎権現神社―榊山八幡神社のコースで行われた.JR風早駅に9時30分集合.参加者xx名.久藤先生からコース説明の後,祝詞八幡神社に向かう.途中,スギナやムラサキカタバミ,イヌタデ,アカメガシワ,オヒシバ,コニシキソウ,ホトケノザ(開花),イヌビワ,クサギ,コゴメギク,ヨモギ,ススキ,ヒサカキ,フキ,ヨウシュヤマゴボウ,ツユクサなどを見る.呉線をくぐってさらに進みながら,アカマツやキヅタ,コシダ,ヌルデ,コナラ,ウツギ,テイカカズラ,マメカミツレ,ソテツ(植栽),ミカヅキゼニゴケ,ゼニゴケなどを見る.10時すぎに自家用車の方と祝詞山八幡神社で合流.久藤先生から再度コースの説明.神社で関先生からコバンモチについて植物学的な説明の後,天然記念物である社叢を観察.ヒノキやヤマモモ,アラカシ,コバンモチ,サカキ,クスノキ,シュロ,タイミンタチバナ,コジイ,シリブカガシ,イヌビワ,カクレミノ,ヤブニッケイ,ヒサカキ,カナメモチ,ナナミノキ,クロキ,センリョウ,モッコク,ヒメユズリハ,ネズミモチ,ヤブツバキ,ヒイラギ,ヤブコウジ,キヅタ,ヒトツバ,テイカカズラなどが生育.コバンモチの大木を久藤先生や小山くんが測定し,胸高直径96 cm(周囲 302 cm).神社でヤダケやエノキ,リンボクなどを見て,次の目的地である筥崎権現神社に向かう.途中,クリやススキ,トウネズミモチ,コマツヨイグサ,ハナイバナ,クチナシ(植栽),チチコグサモドキ,イヌケホシダ,イヌカタヒバ,ナズナ(開花),スミレ(開花),カニクサ,ヘクソカズラなどを見る.11時30分すぎに筥崎権現神社に到着.社叢で,イボタノキやエノキ,クスノキ,ネズミモチ,ヤブツバキ,アラカシ,カクレミノ,カゴノキ,クチナシ,マンリョウ,ツワブキ,マサキ,イヌビワ,ヤツデ,キヅタ,イタビカズラ,ナギ(植栽?),モチノキ,リンボク,テイカカズラ,ナナメノキなどを見る.神社の境内で昼食をとって,12時30分に出発.榊山八幡神社に向かう道中,ススキやクズ,アカメガシワ,ミゾソバ,ビロードモウズイカ,ヤクシソウ,ヒメジャゴケ,ヌルデ,アオギリ,クサギ,ヘクソカズラなどを見る.13時頃,榊山八幡神社に到着.境内林約4 haは県環境保全林に指定されているとのこと.境内ではアラカシやヒメユズリハ,クロキ,コバンモチ,クロバイ,コジイ,ヤツデ,シャリンバイ,イヌビワ,ヤブツバキ,アカメガシワ,ネズミモチ,ウラジロ,ザイフリボク,コシダ,ヒサカキ,シャシャンボ,ヒノキ,スギ,サカキ,イヌビワ,ヤマノイモ,カクレミノ,ネジキ,イチョウ(植栽),ヤマモモ,ビワ,イヌマキ,サカキ,ヤマウルシなどを見る.ササはサイヨウザサとのこと.13時30分ころ解散.13時30分頃神社で解散し,JR安芸津駅や自家用車など,各々帰路についた.

(H. Tsubota, Y. Koyama & S. Ikeda 記)

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる