「植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter497」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
(ヒコビアミニレターNo. 497(2019年6月20日))
(ヒコビアミニレターNo. 497(2019年5月20日))
 
1行: 1行:
 
=ヒコビアミニレターNo. 497(2019年5月20日)=
 
=ヒコビアミニレターNo. 497(2019年5月20日)=
 2019年5月19日の第621回植物観察会は,庄原市比和町 比和総合運動公園~福田頭の山麓で行われた.参加者**名.比和総合運動公園の駐車場に10:20集合,経路を説明し,[[ブナ]]がある辺りまで登ることにする.駐車場の標高540mから車道を下る,舗装路の周辺は[[ブタナ]]が満開,端に[[ヌカススキ]],[[キュウリグサ]]は残花,[[キキョウソウ]]の花はまだ,[[オヤブジラミ]]・[[ヒレアザミ]]が咲き始め,植栽された[[シラカンバ]]が数本,花弁数の多い[[ハナニガナ]]が満開,[[ミツバアケビ]],[[サルトリイバラ]],[[シナノキ]],[[ウグイスカグラ]]などの落葉樹の下に[[キンラン]]の花,[[フジ]]の花は終わり頃,[[ナガバモミジイチゴ]]の花は終り,[[コゴメウツギ]]がつぼみ,[[イヌシデ]]の果穂が虫こぶになっている.標高490mで集会所前の小駐車場へ,元常川を渡り井西谷の町道を東に上る,[[コウゾリナ]]・[[コメツブツメクサ]]・[[オヘビイチゴ]]・[[ヤマハタザオ]]に花,[[ノビル]]はつぼみ,渓畔の[[オニグルミ]]が雄花序を下げ,[[サルナシ]]はつぼみ.集落内の道標に従って水田を抜け,防護柵から出ると林地となる,標高560m.[[タニウツギ]]と[[ミツバウツギ]]が開花,[[ツノハシバミ]],[[ガマズミ]],[[キブシ]],[[ヤマブキ]](若果),[[スギ]]の雄花序がまだ残っているが雌花序は球果らしくなっている.林道沿いの林縁に[[ナラガシワ]],[[ヒメコウゾ]]は雌雄両方の花序,[[トキワイカリソウ|オオイカリソウ]]は残花,[[タチシオデ]]に花,[[クマイチゴ]]の残花と若果,[[ダンコウバイ]],[[コバノガマズミ]],[[ミヤマガマズミ]],[[イヌツゲ]]も.昼近くなったので,少し急ぎ,標高670mで林道が終わる.裸地一面に焚火跡に多い[[ヒョウタンゴケ]]が蒴(胞子体)を付けているが,炭らしいものは見えなかった.木橋を渡り,谷沿いの道を登る.林床斜面に[[チャボガヤ]]と[[ハイイヌガヤ]]が目立つ,[[オククルマムグラ]]に花,[[ツルカノコソウ]]に果,登山路の土中に「たたら製鉄」の鉱滓である金糞が混じる.かつては薪炭林は[[スギ]]や[[ヒノキ]]の人工林になっている.[[コアジサイ]]はつぼみ,[[ホウチャクソウ]]・[[ユキザサ]]の花は終わり頃,[[チゴユリ]]・[[タニギキョウ]]は花盛り,[[ハナイカダ]]は雄花と雌花がそれぞれの株に.昼を過ぎたので,渓畔のやや広い場所で昼食とする.標高720mのヒノキ林で,[[ナツツバキ]],[[ケヤキ]],[[チドリノキ]],[[クマシデ]],[[クロモジ]],[[ウスゲクロモジ]](花),[[ヤブデマリ]],[[ヤマアジサイ]]などの下に,[[エンレイソウ]]・[[コチャルメルソウ]](若果),[[ユキザサ]](花),[[オオバショウマ]],[[モミジガサ]],[[スミレサイシン]],[[ウバユリ]],[[ミヤマカタバミ]],[[リョウメンシダ]],[[ラショウモンカズラ]](残花),[[ミズヒキ]],[[ヤブレガサ]]が多い.一の滝へ向かう道すじに[[コケイラン]]が数株咲き,若果を付けた[[ヒトリシズカ]]の葉は光沢がある.[[ツタウルシ]]の幼型の葉に注意を促す.滝つぼの下方に大きな[[カツラ]]が十本以上の株立ちとなっている.登山道に引き返し二の滝に向かう,標高820m辺りで「あがりこ」状態の[[ブナの大樹があった.この先は植林が続くので,ここで引き返す.
+
 2019年5月19日の第621回植物観察会は,庄原市比和町 比和総合運動公園~福田頭の山麓で行われた.参加者52名.比和総合運動公園の駐車場に10:20集合,経路を説明し,[[ブナ]]がある辺りまで登ることにする.駐車場の標高540 mから車道を下る,舗装路の周辺は[[ブタナ]]が満開,端に[[ヌカススキ]],[[キュウリグサ]]は残花,[[キキョウソウ]]の花はまだ,[[オヤブジラミ]]・[[ヒレアザミ]]が咲き始め,植栽された[[シラカンバ]]が数本,花弁数の多い[[ハナニガナ]]が満開,[[ミツバアケビ]],[[サルトリイバラ]],[[シナノキ]],[[ウグイスカグラ]]などの落葉樹の下に[[キンラン]]の花,[[フジ]]の花は終わり頃,[[ナガバモミジイチゴ]]の花は終り,[[コゴメウツギ]]がつぼみ,[[イヌシデ]]の果穂が虫こぶになっている.標高490 mで集会所前の小駐車場へ,元常川を渡り井西谷の町道を東に上る,[[コウゾリナ]]・[[コメツブツメクサ]]・[[オヘビイチゴ]]・[[ヤマハタザオ]]に花,[[ノビル]]はつぼみ,渓畔の[[オニグルミ]]が雄花序を下げ,[[サルナシ]]はつぼみ.集落内の道標に従って水田を抜け,防護柵から出ると林地となる,標高560 m.[[タニウツギ]]と[[ミツバウツギ]]が開花,[[ツノハシバミ]],[[ガマズミ]],[[キブシ]],[[ヤマブキ]](若果),[[スギ]]の雄花序がまだ残っているが雌花序は球果らしくなっている.林道沿いの林縁に[[ナラガシワ]],[[ヒメコウゾ]]は雌雄両方の花序,[[トキワイカリソウ|オオイカリソウ]]は残花,[[タチシオデ]]に花,[[クマイチゴ]]の残花と若果,[[ダンコウバイ]],[[コバノガマズミ]],[[ミヤマガマズミ]],[[イヌツゲ]]も.昼近くなったので,少し急ぎ,標高670 mで林道が終わる.裸地一面に焚火跡に多い[[ヒョウタンゴケ]]が蒴(胞子体)を付けているが,炭らしいものは見えなかった.木橋を渡り,谷沿いの道を登る.林床斜面に[[チャボガヤ]]と[[ハイイヌガヤ]]が目立つ,[[オククルマムグラ]]に花,[[ツルカノコソウ]]に果,登山路の土中に「たたら製鉄」の鉱滓である金糞が混じる.かつては薪炭林は[[スギ]]や[[ヒノキ]]の人工林になっている.[[コアジサイ]]はつぼみ,[[ホウチャクソウ]]・[[ユキザサ]]の花は終わり頃,[[チゴユリ]]・[[タニギキョウ]]は花盛り,[[ハナイカダ]]は雄花と雌花がそれぞれの株に.昼を過ぎたので,渓畔のやや広い場所で昼食とする.標高720 mのヒノキ林で,[[ナツツバキ]],[[ケヤキ]],[[チドリノキ]],[[クマシデ]],[[クロモジ]],[[ウスゲクロモジ]](花),[[ヤブデマリ]],[[ヤマアジサイ]]などの下に,[[エンレイソウ]]・[[コチャルメルソウ]](若果),[[ユキザサ]](花),[[オオバショウマ]],[[モミジガサ]],[[スミレサイシン]],[[ウバユリ]],[[ミヤマカタバミ]],[[リョウメンシダ]],[[ラショウモンカズラ]](残花),[[ミズヒキ]],[[ヤブレガサ]]が多い.一の滝へ向かう道すじに[[コケイラン]]が数株咲き,若果を付けた[[ヒトリシズカ]]の葉は光沢がある.[[ツタウルシ]]の幼型の葉に注意を促す.滝つぼの下方に大きな[[カツラ]]が十本以上の株立ちとなっている.登山道に引き返し二の滝に向かう,標高820 m辺りで「あがりこ」状態の[[ブナの大樹があった.この先は植林が続くので,ここで引き返す.
 
<div style="text-align:right">(H. Taoda 記)</div>
 
<div style="text-align:right">(H. Taoda 記)</div>
  

2019年5月30日 (木) 15:56時点における最新版

ヒコビアミニレターNo. 497(2019年5月20日)

 2019年5月19日の第621回植物観察会は,庄原市比和町 比和総合運動公園~福田頭の山麓で行われた.参加者52名.比和総合運動公園の駐車場に10:20集合,経路を説明し,ブナがある辺りまで登ることにする.駐車場の標高540 mから車道を下る,舗装路の周辺はブタナが満開,端にヌカススキキュウリグサは残花,キキョウソウの花はまだ,オヤブジラミヒレアザミが咲き始め,植栽されたシラカンバが数本,花弁数の多いハナニガナが満開,ミツバアケビサルトリイバラシナノキウグイスカグラなどの落葉樹の下にキンランの花,フジの花は終わり頃,ナガバモミジイチゴの花は終り,コゴメウツギがつぼみ,イヌシデの果穂が虫こぶになっている.標高490 mで集会所前の小駐車場へ,元常川を渡り井西谷の町道を東に上る,コウゾリナコメツブツメクサオヘビイチゴヤマハタザオに花,ノビルはつぼみ,渓畔のオニグルミが雄花序を下げ,サルナシはつぼみ.集落内の道標に従って水田を抜け,防護柵から出ると林地となる,標高560 m.タニウツギミツバウツギが開花,ツノハシバミガマズミキブシヤマブキ(若果),スギの雄花序がまだ残っているが雌花序は球果らしくなっている.林道沿いの林縁にナラガシワヒメコウゾは雌雄両方の花序,オオイカリソウは残花,タチシオデに花,クマイチゴの残花と若果,ダンコウバイコバノガマズミミヤマガマズミイヌツゲも.昼近くなったので,少し急ぎ,標高670 mで林道が終わる.裸地一面に焚火跡に多いヒョウタンゴケが蒴(胞子体)を付けているが,炭らしいものは見えなかった.木橋を渡り,谷沿いの道を登る.林床斜面にチャボガヤハイイヌガヤが目立つ,オククルマムグラに花,ツルカノコソウに果,登山路の土中に「たたら製鉄」の鉱滓である金糞が混じる.かつては薪炭林はスギヒノキの人工林になっている.コアジサイはつぼみ,ホウチャクソウユキザサの花は終わり頃,チゴユリタニギキョウは花盛り,ハナイカダは雄花と雌花がそれぞれの株に.昼を過ぎたので,渓畔のやや広い場所で昼食とする.標高720 mのヒノキ林で,ナツツバキケヤキチドリノキクマシデクロモジウスゲクロモジ(花),ヤブデマリヤマアジサイなどの下に,エンレイソウコチャルメルソウ(若果),ユキザサ(花),オオバショウマモミジガサスミレサイシンウバユリミヤマカタバミリョウメンシダラショウモンカズラ(残花),ミズヒキヤブレガサが多い.一の滝へ向かう道すじにコケイランが数株咲き,若果を付けたヒトリシズカの葉は光沢がある.ツタウルシの幼型の葉に注意を促す.滝つぼの下方に大きなカツラが十本以上の株立ちとなっている.登山道に引き返し二の滝に向かう,標高820 m辺りで「あがりこ」状態の[[ブナの大樹があった.この先は植林が続くので,ここで引き返す.

(H. Taoda 記)

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる