「植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter474」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
(同じ利用者による、間の3版が非表示)
1行目: 1行目:
 
=ヒコビアミニレターNo.474(2017年9月27日)=
 
=ヒコビアミニレターNo.474(2017年9月27日)=
 2017年9月10日の第598回植物観察会は,庄原市東城町千鳥の姑蘇山(こそやま,標高 953.5 m)で行われた.天気は晴れ.参加者は45名.集合地は県指定天然記念物「千鳥別尺のヤマザクラ」訪問用の駐車場,東南方向に山頂の電波塔が見える.登山口までは約1.2 kmの舗装路,半ばまで急ぎ,標高650 mのスギ植林地から観察を始める,路傍の[[ヒメキンミズヒキ]]・[[ヒカゲミツバ]]・[[ミズヒキ]]・[[チヂミザサ]]・[[アキチョウジ]]・[[マツカゼソウ]]・[[コアカソ]]に花,[[ノブキ]]・[[キツネノボタン]]・[[ダイコンソウ]]は花と果実,[[オオバショウマ]]・[[キバナアキギリ]]はつぼみ,[[ウワバミソウ]]・[[ヌスビトハギ]]・[[ツクバネソウ]]や低木の[[ハナイカダ]]・[[コアジサイ]],[[サルトリイバラ]]に果実,[[ハイイヌガヤ]],[[カナクギノキ]],[[リョウブ]],[[ヤマグワ]],[[ダンコウバイ]]などの木本,[[ビッチュウアザミ]](?)はつぼみ,[[ミヤマヨメナ]]が群生,[[ツルリンドウ]]・[[ツルニンジン]]に花,[[クロタキカズラ]]が地を這う.水田沿いの陽湿地では,[[ミゾソバ]]・[[ツリフネソウ]]・[[ヒヨドリバナ]]・[[アカバナ]]・[[ウナギツカミ]]に花,[[ゲンノショウコ]]は白花もある,[[ツユクサ]]・[[ナガミノツルキケマン]]・[[クルマバナ]]・[[ハシカグサ]]・[[クサノオウ]]・[[ウド]]・[[ハキダメギク]]・[[エノキグサ]]・[[チカラシバ]]に花,[[キカラスウリ]]のつるに若い果実,[[ヤマノイモ]]にむかご,[[アケビ]]は葉だけ.標高664 mの[[ケヤキ]]の造林地に[[クモキリソウ]],[[エゾエノキ]].ここから谷沿いの林道に入る.北向き斜面はスギ植林で伐採も行われていた.標高750 m付近までは流紋岩地,[[ママコナ]]・[[ヤブタバコ]]・[[イヌトウバナ]]・[[シュウブンソウ]]に花,[[ミツバウツギ]]に袋果がぶら下がり,草本の[[ミツバ]]に果実,[[ガマズミ]],[[コバノガマズミ]],[[タニウツギ]]に果実,[[イヌブナ]],[[タムシバ]],[[ノブドウ]]などの木本,[[ノギラン]]に花,[[フタリシズカ]]が群生.標高790 mの峠を抜け,南東斜面はヒノキ植林となる.母材が花崗岩で水分に恵まれた条件であり,[[ウリノキ]],[[ジュウモンジシダ]],[[リョウメンシダ]],[[ミヤマシケシダ]],[[コバノフユイチゴ]]などが多く,[[ヒノキ]]の樹高が高い.路傍に[[トチバニンジン]](果),[[ミヤマシキミ]],[[コシアブラ]],[[クマシデ]]など.標高900 mを超えると落葉広葉樹林,たたら製鉄を支えた薪炭林のなごりである.[[ツノハシバミ]],[[エゴノキ]],[[アカシデ]],[[ヤマコウバシ]],[[ヤマウコギ]],[[キブシ]],[[ミヤマハハソ|ミヤマホウソ]],[[オオカメノキ]],[[ナナカマド]],ソヨゴ]],[[アセビ]],[[クリ]],[[カマツカ]],[[コツクバネウツギ]](果),[[ウメモドキ]],[[ウワミズザクラ]],[[ムラサキシキブ]],[[ヤブムラサキ]],[[アズキナシ]]などの木本に,[[キクバヤマボクチ]],[[シラヤマギク]]・[[ミヤジマママコナ]]・[[ヤマジノホトトギス]]に花が見られた.昼食後,山頂部の植生調査,高木層に[[ミズナラ]],[[アオハダ]],亜高木層に[[ヤマボウシ]],[[ミズキ]],低木層に[[スギ]],[[ハクウンボク]],[[ウグイスカグラ]],[[ヤマウグイスカグラ]],[[コアジサイ]],[[ウリハダカエデ]],[[ミヤマガマズミ]],[[ダイセンミツバツツジ]],草本層に[[イヌツゲ]],[[チゴユリ]],[[タチドコロ]],[[タンナサワフタギ]],[[オトコヨウゾメ]],[[クロモジ]],[[イワガラミ]],[[ヤマフジ]],[[コゴメウツギ]],[[アキノキリンソウ]]が出現.下りは約1時間,険しい道ではないが距離が長めで,途中で引き返された方もあった.今回の観察地は国土地理院の地図に山名が記されていない.「芸藩通誌」巻116の上千鳥村絵図,巻118の山林の記述と「比婆郡誌」の山岳名は古社(こしゃ)山,通誌巻117の備後国奴可郡の疆域形勢と庄原市東城支所の基本図は古蘇山.山頂部の地籍名が字下姑蘇で「東城町史」第1巻付属地図が姑蘇山となっている,また,この地域の山名はすべて“~やま”と呼ぶらしい.
+
 2017年9月10日の第598回植物観察会は,庄原市東城町千鳥の姑蘇山(こそやま,標高 953.5 m)で行われた.天気は晴れ.参加者は45名.集合地は県指定天然記念物「千鳥別尺のヤマザクラ」訪問用の駐車場,東南方向に山頂の電波塔が見える.登山口までは約1.2 kmの舗装路,半ばまで急ぎ,標高650 mのスギ植林地から観察を始める,路傍の[[ヒメキンミズヒキ]]・[[ヒカゲミツバ]]・[[ミズヒキ]]・[[チヂミザサ]]・[[アキチョウジ]]・[[マツカゼソウ]]・[[コアカソ]]に花,[[ノブキ]]・[[キツネノボタン]]・[[ダイコンソウ]]は花と果実,[[オオバショウマ]]・[[キバナアキギリ]]はつぼみ,[[ウワバミソウ]]・[[ヌスビトハギ]]・[[ツクバネソウ]]や低木の[[ハナイカダ]]・[[コアジサイ]],[[サルトリイバラ]]に果実,[[ハイイヌガヤ]],[[カナクギノキ]],[[リョウブ]],[[ヤマグワ]],[[ダンコウバイ]]などの木本,[[ビッチュウアザミ]](?)はつぼみ,[[ミヤマヨメナ]]が群生,[[ツルリンドウ]]・[[ツルニンジン]]に花,[[クロタキカズラ]]が地を這う.水田沿いの陽湿地では,[[ミゾソバ]]・[[ツリフネソウ]]・[[ヒヨドリバナ]]・[[アカバナ]]・[[ウナギツカミ]]に花,[[ゲンノショウコ]]は白花もある,[[ツユクサ]]・[[ナガミノツルキケマン]]・[[クルマバナ]]・[[ハシカグサ]]・[[クサノオウ]]・[[ウド]]・[[ハキダメギク]]・[[エノキグサ]]・[[チカラシバ]]に花,[[キカラスウリ]]のつるに若い果実,[[ヤマノイモ]]にむかご,[[アケビ]]は葉だけ.標高664 mの[[ケヤキ]]の造林地に[[クモキリソウ]],[[エゾエノキ]].ここから谷沿いの林道に入る.北向き斜面はスギ植林で伐採も行われていた.標高750 m付近までは流紋岩地,[[ママコナ]]・[[ヤブタバコ]]・[[イヌトウバナ]]・[[シュウブンソウ]]に花,[[ミツバウツギ]]に袋果がぶら下がり,草本の[[ミツバ]]に果実,[[ガマズミ]],[[コバノガマズミ]],[[タニウツギ]]に果実,[[イヌブナ]],[[タムシバ]],[[ノブドウ]]などの木本,[[ノギラン]]に花,[[フタリシズカ]]が群生.標高790 mの峠を抜け,南東斜面はヒノキ植林となる.母材が花崗岩で水分に恵まれた条件であり,[[ウリノキ]],[[ジュウモンジシダ]],[[リョウメンシダ]],[[ミヤマシケシダ]],[[コバノフユイチゴ]]などが多く,[[ヒノキ]]の樹高が高い.路傍に[[トチバニンジン]](果),[[ミヤマシキミ]],[[コシアブラ]],[[クマシデ]]など.標高900 mを超えると落葉広葉樹林,たたら製鉄を支えた薪炭林のなごりである.[[ツノハシバミ]],[[エゴノキ]],[[アカシデ]],[[ヤマコウバシ]],[[ヤマウコギ]],[[キブシ]],[[ミヤマハハソ#慣用名|ミヤマホウソ]],[[オオカメノキ]],[[ナナカマド]],[[ソヨゴ]],[[アセビ]],[[クリ]],[[カマツカ]],[[コツクバネウツギ]](果),[[ウメモドキ]],[[ウワミズザクラ]],[[ムラサキシキブ]],[[ヤブムラサキ]],[[アズキナシ]]などの木本に,[[キクバヤマボクチ]],[[シラヤマギク]]・[[ミヤジマママコナ]]・[[ヤマジノホトトギス]]に花が見られた.昼食後,山頂部の植生調査,高木層に[[ミズナラ]],[[アオハダ]],亜高木層に[[ヤマボウシ]],[[ミズキ]],低木層に[[スギ]],[[ハクウンボク]],[[ウグイスカグラ]],[[ヤマウグイスカグラ]],[[コアジサイ]],[[ウリハダカエデ]],[[ミヤマガマズミ]],[[ダイセンミツバツツジ]],草本層に[[イヌツゲ]],[[チゴユリ]],[[タチドコロ]],[[タンナサワフタギ]],[[オトコヨウゾメ]],[[クロモジ]],[[イワガラミ]],[[ヤマフジ]],[[コゴメウツギ]],[[アキノキリンソウ]]が出現.下りは約1時間,険しい道ではないが距離が長めで,途中で引き返された方もあった.今回の観察地は国土地理院の地図に山名が記されていない.「芸藩通誌」巻116の上千鳥村絵図,巻118の山林の記述と「比婆郡誌」の山岳名は古社(こしゃ)山,通誌巻117の備後国奴可郡の疆域形勢と庄原市東城支所の基本図は古蘇山.山頂部の地籍名が字下姑蘇で「東城町史」第1巻付属地図が姑蘇山となっている,また,この地域の山名はすべて“~やま”と呼ぶらしい.
 
<div style="text-align:right">(H. Taoda 記)</div>
 
<div style="text-align:right">(H. Taoda 記)</div>
  

2017年10月6日 (金) 16:19時点における最新版

ヒコビアミニレターNo.474(2017年9月27日)

 2017年9月10日の第598回植物観察会は,庄原市東城町千鳥の姑蘇山(こそやま,標高 953.5 m)で行われた.天気は晴れ.参加者は45名.集合地は県指定天然記念物「千鳥別尺のヤマザクラ」訪問用の駐車場,東南方向に山頂の電波塔が見える.登山口までは約1.2 kmの舗装路,半ばまで急ぎ,標高650 mのスギ植林地から観察を始める,路傍のヒメキンミズヒキヒカゲミツバミズヒキチヂミザサアキチョウジマツカゼソウコアカソに花,ノブキキツネノボタンダイコンソウは花と果実,オオバショウマキバナアキギリはつぼみ,ウワバミソウヌスビトハギツクバネソウや低木のハナイカダコアジサイサルトリイバラに果実,ハイイヌガヤカナクギノキリョウブヤマグワダンコウバイなどの木本,ビッチュウアザミ(?)はつぼみ,ミヤマヨメナが群生,ツルリンドウツルニンジンに花,クロタキカズラが地を這う.水田沿いの陽湿地では,ミゾソバツリフネソウヒヨドリバナアカバナウナギツカミに花,ゲンノショウコは白花もある,ツユクサナガミノツルキケマンクルマバナハシカグサクサノオウウドハキダメギクエノキグサチカラシバに花,キカラスウリのつるに若い果実,ヤマノイモにむかご,アケビは葉だけ.標高664 mのケヤキの造林地にクモキリソウエゾエノキ.ここから谷沿いの林道に入る.北向き斜面はスギ植林で伐採も行われていた.標高750 m付近までは流紋岩地,ママコナヤブタバコイヌトウバナシュウブンソウに花,ミツバウツギに袋果がぶら下がり,草本のミツバに果実,ガマズミコバノガマズミタニウツギに果実,イヌブナタムシバノブドウなどの木本,ノギランに花,フタリシズカが群生.標高790 mの峠を抜け,南東斜面はヒノキ植林となる.母材が花崗岩で水分に恵まれた条件であり,ウリノキジュウモンジシダリョウメンシダミヤマシケシダコバノフユイチゴなどが多く,ヒノキの樹高が高い.路傍にトチバニンジン(果),ミヤマシキミコシアブラクマシデなど.標高900 mを超えると落葉広葉樹林,たたら製鉄を支えた薪炭林のなごりである.ツノハシバミエゴノキアカシデヤマコウバシヤマウコギキブシミヤマホウソオオカメノキナナカマドソヨゴアセビクリカマツカコツクバネウツギ(果),ウメモドキウワミズザクラムラサキシキブヤブムラサキアズキナシなどの木本に,キクバヤマボクチシラヤマギクミヤジマママコナヤマジノホトトギスに花が見られた.昼食後,山頂部の植生調査,高木層にミズナラアオハダ,亜高木層にヤマボウシミズキ,低木層にスギハクウンボクウグイスカグラヤマウグイスカグラコアジサイウリハダカエデミヤマガマズミダイセンミツバツツジ,草本層にイヌツゲチゴユリタチドコロタンナサワフタギオトコヨウゾメクロモジイワガラミヤマフジコゴメウツギアキノキリンソウが出現.下りは約1時間,険しい道ではないが距離が長めで,途中で引き返された方もあった.今回の観察地は国土地理院の地図に山名が記されていない.「芸藩通誌」巻116の上千鳥村絵図,巻118の山林の記述と「比婆郡誌」の山岳名は古社(こしゃ)山,通誌巻117の備後国奴可郡の疆域形勢と庄原市東城支所の基本図は古蘇山.山頂部の地籍名が字下姑蘇で「東城町史」第1巻付属地図が姑蘇山となっている,また,この地域の山名はすべて“~やま”と呼ぶらしい.

(H. Taoda 記)

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる