植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter457

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2016年7月11日 (月) 23:46時点におけるChubo (トーク | 投稿記録)による版

移動: 案内検索

ヒコビアミニレター No. 457(2016年5月30日)

2016年5月28-29日の第581回植物観察会は京都府京都市左京区京都府立植物園と京都市東山区の清水山(242.5 m)で行われた.5月28日は,京都府立植物園正門前に11時集合.天気はくもりのち小雨.参加者9名.植物園は京都府立大学下鴨キャンパスに隣接し,面積24 ha,入場料200円で,京都市左京区の京都市営地下鉄烏丸線を降りてすぐの非常にアクセスの良い場所にある.見所として観覧温室やなからぎ(半木)の森とよばれる森林がある.正門の周辺にはクスノキやトウネズミモチ,ユズリハ,モッコク,エノキ,イチョウ,スダジイ,ウバメガシ,カクレミノ,トウカエデ,シリブカガシ,トベラ,ヒマラヤスギなどが植栽されていた.温室の手前で12時になり,正門付近で昼食.昼食後,植物生態園に向かう.植物園会館の前に植栽されたタイサンボクがちょうど開花.ばら園からくすのき並木,あじさい園,竹笹園を経由して,植物生態園の植物を観察.途中,ツクバネガシやブラシノキ,カルミア(アメリカシャクナゲ)Kalmia latifolia,フッケリーメギ,シラカシ,トサミズキ,ショウジョウウツギ(ショウキウツギ),サンゴジュ,ツルサイカチ属の一種Dalbergia hupeana,ヒムロ,ドイツトウヒ,シホウチク,トウカイザクラ,カラコギカエデ,ボダイジュなどを観る.植物生態園に13時20分ころ到着.生態園に入り,ハマクサギやモッコク,ナナミノキ,キハダ,オトコエシ,ササユリ,アブラチャン,シロバナオンツツジ,トサシモツケ,ムサシアブミ,カンコノキ,ジャケツイバラ,マルバアオダモ,シラガブドウ,クスドイゲ,ハクウンボク,タラヨウ,カナクギノキ,コウヤマキなどを観る.梅林から水琴窟,水車を経て,なからぎの森へ向かう.途中,トウオガタマが開花しており,皆でバナナの香りを嗅ぐ.なからぎの森へ到着し,森林を観察する.なからぎの森は自然林とされ,山城盆地の原植生をうかがい知ることのできる森林である.中央には上賀茂神社の境外末社である半木神社があり,その周辺に森林が残されている.なからぎの森には,アラカシやイチイガシ,ムクノキ,エノキ,カゴノキ,シロダモなどがあり,中にはかなりの大木もある.ただし,衰弱したり枯死した木もあり,2007年にはじめて確認されたナラ枯れの影響かと推察する.神社前の桜林から温室に抜ける.途中,オオバオオヤマレンゲが満開.ザイフリボクの実を観て,集合写真を撮影.温室前に15時すぎに到着したが,入室が15時30分までとのことで,残念ではあったが温室は観ずに会館に向かう.小休憩を兼ねて会館内の展示を見学し,解散とした.5月29日は,京都駅に9時集合.天気は晴れのちくもり,午後小雨.参加者8名.京都大学の大崩さんも参加.清水山は清水寺の東側に位置し,京都一周トレイル東山コースの一部になっている.また,清水山を含む高台寺山国有林は世界文化遺産の緩衝地帯となっている.この一帯は明治期までアカマツを主体とする森林であったが,現在はシイ林が拡大している.また,ナラ枯れも発生しており,今回はシイ林の現状を観察することを目的とした.京都駅から路線バスに乗車し,五条坂で下車する.バス停から茶碗坂を登って清水寺に向かう.途中,石垣にヨモギやドクダミ,ヘクソカズラ,ヒメクラマゴケ,外来のウラジロチチコグサやオオアレチノギク,ヒメソバ,ヒルザキツキミソウ,ヤノボンテンカなどが見られる.観光客が非常に多く,登山口がわかりにくかったが,10時半すぎに看板をみつけ登り始める.すぐにツブラジイの多い林になる.シロバイやナナミノキ,リンボク,アラカシ,タマミズキ,ヒノキ,アベマキ,ソヨゴ,ネズミモチ,ヤブツバキ,モチノキ,クロバイ,エノキ,ヤマモモ,カナメモチ,コバノガマズミ,スノキ,ネジキ,シャシャンボ,アオキ,ヒサカキ,ヤブニッケイ,イヌガシ,コシアブラ,タカノツメ,カクレミノ,モチツツジ,アリドオシ,チャノキ,コクラン,ヤブミョウガなどを観察.途中,数か所でムヨウランと思われる腐生ランを見つける.京都府のRDB種であるが,やや小型であったためホクリクムヨウランの可能性もある.イソノキやウラジロノキ,ヤマモモ,アカマツ,タマミズキ,ナガバモミジイチゴなどを観ながら清水山山頂(242 m)に12時ころ到着.頂上はヒノキの植林になっており,見晴らしは良くなかったが頂上の三角点付近で昼食.昼食後,集合写真を撮って

登るに従って処理がされたカシノナガキクイムシ被害木が見られた.

12時頃清水山山頂に到着.昼食を食べて,集合写真撮影.途中予定より早く雨が降り始めたので短いコースに変更し,清水寺の付近に出る谷を下る.スギが植林されており,タラヨウが多い.途中,アラカシやツブラジイ,ヤブニッケイ,サカキ,モッコク,イズセンリョウ,オトコヨウゾメなどを見る.13時半ころ清水寺の仁王門前で解散.各々帰途についた.


前日からの雨が心配されたが,天気は晴れ.参加者35名.久井岩海の説明板前の駐車場に10時集合.久井岩海は国の天然記念物であり,その保存計画策定のため前年度より三原市教育委員会が生物相の調査を行っている.調査には広島大学も協力している.コースと岩海の成因について説明.観察会で1985年に開催地としたことがあり,関先生から当時の説明があった.岩海入口で植栽されたサトザクラの普賢象が満開.葉化した雌しべを観察する.ぜにがめごうろまでの道中に,コバノミツバツツジ(花)やアカマツソヨゴアセビトウカエデキランソウ(花),ミツバアケビイヌツゲウメモドキヒサカキクリコマユミダンコウバイなどが見られる.途中,ツボスミレニオイタチツボスミレが開花.ウワミズザクラの芽生えが多く見られる.ぜにがめごうろの左手の広場の湿った場所に小型の白花のスミレをみつけ,シロスミレアリアケスミレか皆で検討.花弁のうち2枚の上弁が立ち上がっていることと葉身の長さが葉柄より長いこと,シロスミレにしては標高が低いことからアリアケスミレの小型のものと考えられる.その後もサルトリイバラ(花)やナガバモミジイチゴ(花),シュンランナワシログミウグイスカグラヤマナラシホオノキアリノトウグサミツバツチグリ(花),ヒメカンスゲイワガラミなどを観察.イヌガヤの雄花を観察.ぜにがめごうろの一番奥で昼食後,写真撮影.なかごうろに抜けて,なかごうろ沿いの道を下る.コウヤボウキコシアブラアオハダコナラニガイチゴケカマツカタムシバアブラチャンカヤクロキヤブコウジセンボンヤリなどを見る.大きなネズがあり,池田さんと内田さんが計測.胸高直径35 cm,樹高約18 mであった.フユノハナワラビがあり,松村さんが解説.14時ころ解散.様々な植物の花を見ることができた.

(H. Tsubota, Y. Inoue & M. Nakahara-Tsubota 記)

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 /- 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる