「植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter386」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成: = ヒコビアミニレター No. 386 (2011年5月4日) = 2011年4月17日の第509回植物観察会は広島県尾道市生口(いくち)島観音山 (472 m)で行…)
 
 
1行目: 1行目:
 
= ヒコビアミニレター No. 386 (2011年5月4日) =
 
= ヒコビアミニレター No. 386 (2011年5月4日) =
  
2011年4月17日の第509回植物観察会は広島県尾道市生口(いくち)島観音山
+
2011年4月17日の第509回植物観察会は広島県尾道市生口(いくち)島観音山(472 m)で行われ,初めは小雨がぱらついたが,後に晴れた.参加者は54名.生口島の基盤は花崗岩であるが,海抜200 mくらいから上部は中生代の変成岩[最近の学説ではマントル対流の付加体という]で,森林植生が特異である.豊原源太郎先生は「アベマキ群集」にあたるであろうとされた.海抜240 mの駐車場に10時に集合.よく整備された登山道を登る.日曜日なので,すでに登頂した人々が下りて来るのに出あう.高木層はアベマキ,ノグルミ,カヤ,コナラ,ヤマザクラ(満開),エドヒガン(花終わりかけ),クマノミズキなどで,アカマツもあるが少ない.亜高木から低木層はダンコウバイ(花終わり),ネズミモチ,ウツギ,オニイタヤ(満開),ミヤマウグイスカグラ,コバノミツバツツジ(満開)など,草本層はケスゲ,ヒメカンスゲ(沿岸型),ヤマイタチシダ,ヒメイタチシダ,オオイタチシダ,クマワラビ,ベニシダなど,とくにナルコユリが多いのは注目される.海抜400 m付近の湿った谷に,ヒトリシズカ,ハンカイソウがある.広島市近郊や宮島の花崗岩地帯の森林を見なれた眼には,これが瀬戸内の島かと疑う林型である.頂上に12時着.瀬戸の海が美しく,かすかに四国の山並みも見える.足元の海抜200 mくらいにアカマツ林が見える.豊原先生が「あそこは花崗岩だろう」といわれる.頂上の岩間にコテリハキンバイかミツバツチグリか疑問なのが花をつけている.日朝先生が興味を示されたが,この属の分類はなかなかむつかしい.宮島実験所で栽培するように内田さんにことづける.頂上の岩場と三角点付近にトネリコ属の大きな木がある.冨沢由美子さんと上村恭子さんが苦労して新芽を採集した.どうもツクシトネリコのようである.
(472 m)で行われ,初めは小雨がぱらついたが,後に晴れた.参加者は54名.
 
生口島の基盤は花崗岩であるが,海抜200 mくらいから上部は中生代の変成岩
 
[最近の学説ではマントル対流の付加体という]で,森林植生が特異である.
 
豊原源太郎先生は「アベマキ群集」にあたるであろうとされた.海抜240 mの駐車
 
場に10時に集合.よく整備された登山道を登る.日曜日なので,すでに登頂した
 
人々が下りて来るのに出あう.高木層はアベマキ,ノグルミ,カヤ,コナラ,ヤ
 
マザクラ(満開),エドヒガン(花終わりかけ),クマノミズキなどで,アカマ
 
ツもあるが少ない.亜高木から低木層はダンコウバイ(花終わり),ネズミモ
 
チ,ウツギ,オニイタヤ(満開),ミヤマウグイスカグラ,コバノミツバツツジ
 
(満開)など,草本層はケスゲ,ヒメカンスゲ(沿岸型),ヤマイタチシダ,ヒ
 
メイタチシダ,オオイタチシダ,クマワラビ,ベニシダなど,とくにナルコユリ
 
が多いのは注目される.海抜400 m付近の湿った谷に,ヒトリシズカ,ハンカイ
 
ソウがある.広島市近郊や宮島の花崗岩地帯の森林を見なれた眼には,これが瀬
 
戸内の島かと疑う林型である.頂上に12時着.瀬戸の海が美しく,かすかに四国
 
の山並みも見える.足元の海抜200 mくらいにアカマツ林が見える.豊原先生が
 
「あそこは花崗岩だろう」といわれる.頂上の岩間にコテリハキンバイかミツバ
 
ツチグリか疑問なのが花をつけている.日朝先生が興味を示されたが,この属の
 
分類はなかなかむつかしい.宮島実験所で栽培するように内田さんにことづけ
 
る.頂上の岩場と三角点付近にトネリコ属の大きな木がある.冨沢由美子さんと
 
上村恭子さんが苦労して新芽を採集した.どうもツクシトネリコのようである.
 
  
 
<div style="text-align:right">(T. Seki記)</div>
 
<div style="text-align:right">(T. Seki記)</div>

2011年5月7日 (土) 15:30時点における最新版

ヒコビアミニレター No. 386 (2011年5月4日)

2011年4月17日の第509回植物観察会は広島県尾道市生口(いくち)島観音山(472 m)で行われ,初めは小雨がぱらついたが,後に晴れた.参加者は54名.生口島の基盤は花崗岩であるが,海抜200 mくらいから上部は中生代の変成岩[最近の学説ではマントル対流の付加体という]で,森林植生が特異である.豊原源太郎先生は「アベマキ群集」にあたるであろうとされた.海抜240 mの駐車場に10時に集合.よく整備された登山道を登る.日曜日なので,すでに登頂した人々が下りて来るのに出あう.高木層はアベマキ,ノグルミ,カヤ,コナラ,ヤマザクラ(満開),エドヒガン(花終わりかけ),クマノミズキなどで,アカマツもあるが少ない.亜高木から低木層はダンコウバイ(花終わり),ネズミモチ,ウツギ,オニイタヤ(満開),ミヤマウグイスカグラ,コバノミツバツツジ(満開)など,草本層はケスゲ,ヒメカンスゲ(沿岸型),ヤマイタチシダ,ヒメイタチシダ,オオイタチシダ,クマワラビ,ベニシダなど,とくにナルコユリが多いのは注目される.海抜400 m付近の湿った谷に,ヒトリシズカ,ハンカイソウがある.広島市近郊や宮島の花崗岩地帯の森林を見なれた眼には,これが瀬戸内の島かと疑う林型である.頂上に12時着.瀬戸の海が美しく,かすかに四国の山並みも見える.足元の海抜200 mくらいにアカマツ林が見える.豊原先生が「あそこは花崗岩だろう」といわれる.頂上の岩間にコテリハキンバイかミツバツチグリか疑問なのが花をつけている.日朝先生が興味を示されたが,この属の分類はなかなかむつかしい.宮島実験所で栽培するように内田さんにことづける.頂上の岩場と三角点付近にトネリコ属の大きな木がある.冨沢由美子さんと上村恭子さんが苦労して新芽を採集した.どうもツクシトネリコのようである.

(T. Seki記)

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる