「植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter377」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成: <span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[…)
 
 
1行目: 1行目:
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[宮島]] > [[ヒコビア植物観察会|植物観察会]]</span>
+
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[宮島]] > [[ヒコビア植物観察会|植物観察会]] | [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物]</span>
  
 
= ヒコビアミニレター No. 377 (2010年10月5日) =
 
= ヒコビアミニレター No. 377 (2010年10月5日) =
8行目: 8行目:
  
 
----
 
----
 +
 
[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] /
 
[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] /
 
[http://miyajima.hiroshima-u.ac.jp/museum/ 宮島自然植物実験所] /
 
[http://miyajima.hiroshima-u.ac.jp/museum/ 宮島自然植物実験所] /
 
[[ヒコビア植物観察会|植物観察会のトップ]] /
 
[[ヒコビア植物観察会|植物観察会のトップ]] /
 
[[植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetterOld|過去のヒコビアミニレター]] /
 
[[植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetterOld|過去のヒコビアミニレター]] /
[[植物観察会/KansatsukaiOldNews|古いNews]] にもどる
+
[[植物観察会/KansatsukaiOldNews|古いNews]] |
 +
[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] にもどる
  
 
[[Category:広島大学デジタル自然史博物館]]
 
[[Category:広島大学デジタル自然史博物館]]
 
[[Category:広島県の植物]]
 
[[Category:広島県の植物]]
 
[[Category:宮島]]
 
[[Category:宮島]]
 +
[[Category:植物]]
 
[[Category:植物観察会]]
 
[[Category:植物観察会]]

2010年12月12日 (日) 21:46時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島 > 植物観察会 | 植物

ヒコビアミニレター No. 377 (2010年10月5日)

2010年9月26日の2日目の植物観察会は島根県飯南町佐見の琴引山(1013.4 m)で行われた.参加者14名.天気は曇り,雨が心配されたが過ごしやすい一日であった.2日目の案内は久保・上村.8:40出発,前日の宿泊先である琴引ビレッジ前で三瓶山を背に記念撮影.関先生・吉野さんらが所要で帰広.琴引山は弥山とも呼ばれ,出雲国風土記の「飯石郡の山」の条に記載されている信仰の山.山頂部には岩屋があり,出雲大社の主祭神である大国主命が琴を弾いた伝承が残されている.現在,山の北西側は琴引スキー場,南東側は前日訪れた県民の森として整備されている.今回はスキー場(550 m)から登り始める.スキー場は一面がススキ草原,オトギリソウゲイホクアザミ(以前はヒメアザミと呼ばれた),アメリカセンダングサオオエノコログサアワエノコログサの雑種),カワラケツメイヒメムカシヨモギブタナなどの草原植物や帰化植物が多く見られた.程なくしてスギヒノキの植林地に入る.山頂部まで植林は続き,谷筋を登る.コナラクロモジコシアブラツノハシバミトチノキなど二次林の要素が強い.途中,十畳岩と呼ばれる沢が開けた場所で休憩.このあたりではアケボノソウ(花),ミズキミズタビラコボタンネコノメソウなど湿潤な環境を好む植物が多い.675 m付近でミズナラを発見.林床にはアキチョウジ(花),キバナアキギリ(花),クロイチゴ(果),コアジサイサンインヒキオコシ(花),ミヤマカタバミなどがあり,ハイイヌガヤチャボガヤなどの日本海側要素の植物を見ることができた.山頂付近は自然に近い状態で残されており,イワガラミオオカニコウモリ(花)やヤマシャクヤクなどのブナ帯の植物は散見されたが,ブナは確認できなかった.山頂は360度見渡すことができ,大万木山や三瓶山などを確認することができた.昼食後,一路来た道を引き返し,1:30下山.

(H. Kubo記)

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる