植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter371

提供: 広島大学デジタル博物館
2011年1月15日 (土) 22:49時点におけるChubo (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成: <span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[…)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島 > 植物観察会 | 植物

ヒコビアミニレター No. 306 (2005年6月3日)

2005年5月15日の第431回植物観察会は広島市東区福田町の広島県緑化センターで行われた.第3駐車場に10時集合.参加者61名.観察目的としたクロバイが多いのは駐車場(海抜高320m)よりも下のほうであるが,観察路にも見られるとのことであり,南側の観察路に向かう.谷底部はツクバネガシ,ウラジロガシ,アラカシなどの常緑広葉樹林であるが,観察路は中腹部の落葉紅葉二次林の中を通るものであり,二次林の手入れは行き届いていた.クロバイを1本だけ見ることが出来た.最近,鹿による食害が目立つとのことであり,イヌツゲが集中的に食べられていた.ヒトツバタゴの花が咲く多目的広場で昼食.管理事務所前でハンカチノキの花を観察し,近くにイヌガシが1本のみ自生している.柴刈り山と書かれたアカマツ二次林の中を藤ケ丸山に向けて登る.ここは手入れすれば,一面にコバノミツバツツジの花咲くすばらしい柴刈り山の再現が期待される場所であり,里山復元ボランティア活動など企画してみたい所である.緑化センターは自然条件の良好な場所であるが,バスなど公共交通機関が入らないのが致命的である.

(G. Toyohara記)


  1. topicpath
  • ヒコビアミニレタ- No. 371 (2010年6月10日) [#y3925837]

2010年6月6日の第495回植物観察会は岡山県岡山市の半田山植物園(岡山市北区法界院 3-1)で行われた.昨年好評であったので,今年も6月の観察会は2回開催とし,1回は植物 園での植物観察とした.半田山植物園は岡山市の市街地に隣接し,面積約11万m2で,半田 山(85 m)の斜面を利用して作られている.園内には約3,000種の植物があり,頂上に近 い部分には一本松古墳がある.桜の時期には多くの人で賑わうとのこと.参加者20名.雨 を心配していたが天気は良く,暑いくらいであった.10時30分に半田山植物園駐車場に集 合.ビヨウヤナギとキンシバイ(園芸品種の花が大型のもの)が開花.いずれもオトギリ ソウ科の小低木で,庭木や植え込みに利用される.いずれも黄色い花を咲かせるが,ビヨ ウヤナギの方が雄しべが長い点で区別できる.4月から宮島自然植物実験所に勤務の平原 の紹介の後,入園料(大人300円,65歳以上無料)を払い入園.入口から向かって左側の 園路を上る.コルクガシ,ロウバイ(果実),セコイアメスギ,ウメ(枝垂れ),チョウ センレンギョウ,ショウドシマレンギョウ(小豆島固有),ハナゾノツクバネウツギ, テーダマツが見られる.テーダマツは北米原産の高木で,現地では樹高30 mになる.三葉 マツの一種で,球果の鱗片の先端に棘があるのが特徴.池の周囲で,ヒマラヤゴヨウやタ ラヨウ,カラタネオガタマ,サラサウツギ,キショウブ,ヤマボウシ,タブノキ,バクチ ノキ,ハンゲショウ,ミズスギ,ニオイヒバ,メタセコイア,ラクウショウ(ヌマスギ), スイショウ,エノキ,スダジイを観察.順路を進み,タイサンボクやリギダマツ,キンシ バイ,アイノコマンサク(マンサクとシナマンサクの雑種),アカバナマンサク,シナマ ンサク,ヤマアジサイ,クロバナロウバイ,セイヨウハシバミ(ヘーゼルナッツ),ウバ メガシ,モミジバフウ,ブラジルマツ,ユスラウメ,ヒトツバタゴ,マスクサ,コブシ, アマドコロ,カイノキ,ヒメカンスゲを見る.園路沿いにコトネアスター類(Cotoneaster lacteus, C. dammeri, C. horizontalis)が 植えられていた.コトネアスターはバラ科 シャリントウ属Cotoneasterの植物の総称で,中国南西部からヒマラヤにかけて分布する. 低木で匍匐する性質の強いものが園芸で利用されている.ハーブ園でラベンダーやミント 類をはじめとするハーブ,スモークツリー(ケムリノキ)を観察.ハーブ園からユリノキ の花が見られた.ロックガーデンを経て,頂上手前の休憩所で昼食.途中でフェンネルや アメリカユクノキ,イイギリ,マンシュウクロマツ,コバノミツバツツジ,シモツケ,ボ ケを観察.昼食後,アカマツで覆われた一本松古墳を経由.サザンカやカンツバキ,フェ イジョア,アカギ,サイカチ,サンザシ,トサミズキ,ダンコウバイ,ソメイヨシノ,ダ イオウショウ,コバンモチ,ホルトノキ,シラカシ,ツクバネガシ,ジャケツイバラ,ネ ジキ,ハナノキ,サンゴジュを見る.竹笹園でホウライチクを観察.垰田さんから土地の 境界に植えるとの説明がある.湿性園を経て温室に上がる.途中,ハカタガラクタやイヌ シデ,ヤマウルシ,ネズ,ナナメノキ(大木),オオヤマザクラ,ヤブミョウガ(花), エビネ,アキニレ,ノリウツギが見られる.湿性園ではフシグロセンノウやオタカラコウ が見られる.その後,コウヨウザン,ハンカチノキ,ドクダミ,ケグワ(果実),センダ ン,オガタマノキ,シナノガキを観察.温室ではアナナス類やサンタンカ,アボカド,マ ツバラン,ミッキーマウスノキ,バンジロウ,サガリバナ,インドボダイジュ,ウツボカ ズラ類などを観察.そのまま下り,駐車場で14時30分頃解散.予定していた,三野公園 (みのこうえん)は時間の関係で省略した. RIGHT:(H. Tsubota, H. Kubo & T. Hirahara記)


RIGHT:&size(12){[[Top>FrontPage]] / [[植物観察会のトップ>植物観察会]] / [[過去のヒコビアミニレター>植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetterOld]] | [[古いNews>植物観察会/KansatsukaiOldNews]]};

  1. counter



旧サイトは,198件のアクセスがありました.

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる