「植物分類・生態学研究室/研究業績/2010年度」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成:「==A. 出版物== ===1. 研究論文=== ===2. その他=== ==B. 学会発表==」)
 
 
1行目: 1行目:
 
==A. 出版物==
 
==A. 出版物==
 
===1. 研究論文===
 
===1. 研究論文===
 
+
#内田慎二・山口富美夫・出口博則(2010). 北硫黄島の蘚苔類. Hikobia 15: 485-492.
 +
#Katagiri, T., Yamaguchi, T. & Deguchi, H. (2010). Taxonomic studies on the liverwort Jubula Dumort. (Marchantiophyta: Jubulaceae) in Japan and Taiwan. Hikobia 15: 463-462.
 +
#Oguri, E., Yamaguchi, T., Tsubota, H., Shimamura, M. & Deguchi, H. (2010). Phylogenetic relationships among Leucobryum juniperoideum and related species (Leucobryaceae, Musci) inferred from ITS sequences. Hikobia 15:453-462.
 +
#Masuzaki, H., Tsubota. H., Shimamura, M., Yamaguchi, T. & Deguchi, H. (2010). A taxonomic revision of the genus Apometzgeria (Metzgeriales, Marchantiophyta). Hikobia 15:427-452.
 +
#桝崎浩亮・長谷川裕彦・増沢武弘・出口博則.(2010). 南アルプスで見つかったアイノコマチゴケ Haplomitrium minutumについて. Bryol. Res. 10: 45-47.
 +
#Katagiri, T., Masuzaki, H., Masuzawa, T. & Deguchi, H. (2010).  '''Mannia pilosa''' (Aytoniaceae, Marchantiophyta) -- new to the Japanese flora.  Tropical Bryology 31: 76-80.
 +
#Masuzaki, H., Shimamura, M., Furuki, T., Tsubota, H., Yamaguchi, T., Haji Mohamed Abdul Majid & Deguchi, H. (2010) Systematic position of the enigmatic liverwort Mizutania (Mizutaniaceae, Marchantiophyta) inferred from molecular phylogenetic analyses. Taxon 59 (2): 448-458.
 +
#片桐知之・出口博則.(2010) 日本におけるリシリゼニゴケとタカネゼニゴケの新産地.Bryol. Res. 10:1-4.
 +
#嶋村正樹・桝崎浩亮・片桐知之(2010). ヒメトロイブゴケの無性芽. Bryol. Res. 10: 13-14.
 +
#Brown, R. C., Lemmon, B. E. & Shimamura, M. (2010)  Diversity in meiotic spindle origin and determination of cytokinetic planes in sporogenesis of complex thalloid liverworts (Marchantiopsida).  J. Plant Res. 123: 589-605.
  
 
===2. その他===
 
===2. その他===
 
+
#Deguchi, H. & Yamaguchi, T. (2010). Bryophytes of Asia. Fasc.17. Hikobia 15:529-530.
  
 
==B. 学会発表==
 
==B. 学会発表==
 +
#定光淳・嶋村正樹・山口富美夫・出口博則.ナンジャモンジャゴケの色素体のゲノムの解析.日本植物学会中国四国支部第67回大会.講演要旨: p. 2. (2010年5月15日,山口)
 +
#竹中大祐・山口富美夫・嶋村正樹・出口博則.古処山の蘚苔類フロラ.日本植物学会中国四国支部第67回大会.講演要旨: p. 3. (2010年5月15日,山口)
 +
#出下卓・山口富美夫・嶋村正樹・出口博則.英彦山の蘚苔類フロラ.日本植物学会中国四国支部第67回大会.講演要旨: p. 3. (2010年5月15日,山口)
 +
#嶋村正樹・坪田博美. 減数分裂様式と分子系統解析からみたゼニゴケ類の系統進化. 第39回日本蘚苔類学会大会 (2010年8月19日,岩国市)
 +
#片桐知之・桝崎浩亮・増沢武弘・出口博則. 日本新産のキイチゴゼニゴケについて. 第39回日本蘚苔類学会大会 (2010年8月19日,岩国市)
 +
#竹中大祐・山口富美夫・嶋村正樹・出口博則. 九州北部石灰岩地の蘚苔類~古処山の蘚苔類相~第39回日本蘚苔類学会大会 (2010年8月19日,岩国市)
 +
#出下卓・山口富美夫・嶋村正樹・出口博則. 福岡県英彦山における蘚苔類相. 第39回日本蘚苔類学会大会 (2010年8月19日,岩国市)
 +
#山口富美夫・内田慎治・嶋村正樹・出口博則. 小笠原諸島未踏査島の蘚苔類相 1.聟島列島. 第39回日本蘚苔類学会大会 (2010年8月19日,岩国市)
 +
#山口富美夫・内田慎治・嶋村正樹・出口博則. 小笠原諸島未踏査島の蘚苔類相 2.火山列島北硫黄島. 第39回日本蘚苔類学会大会 (2010年8月19日,岩国市)
 +
#嶋村正樹・工藤珠美・山口富美夫・出口博則. コケ植物における生活環を通じた細胞分裂様式変遷パターンの比較. 日本植物学会第74回大会 (2010年9月11日,春日井)
 +
#酒井建輔・嶋村正樹・山口富美夫・出口 博則. コケ植物の精子形成過程における中心体構成物質の動態について. 日本植物学会第74回大会 (2010年9月11日,春日井)
 +
#奥田有貴・嶋村正樹・山口富美夫・出口博則. ゼニゴケ植物体の組織発生学的研究. 日本植物学会第74回大会 (2010年9月11日,春日井)

2020年9月14日 (月) 11:43時点における最新版

A. 出版物

1. 研究論文

  1. 内田慎二・山口富美夫・出口博則(2010). 北硫黄島の蘚苔類. Hikobia 15: 485-492.
  2. Katagiri, T., Yamaguchi, T. & Deguchi, H. (2010). Taxonomic studies on the liverwort Jubula Dumort. (Marchantiophyta: Jubulaceae) in Japan and Taiwan. Hikobia 15: 463-462.
  3. Oguri, E., Yamaguchi, T., Tsubota, H., Shimamura, M. & Deguchi, H. (2010). Phylogenetic relationships among Leucobryum juniperoideum and related species (Leucobryaceae, Musci) inferred from ITS sequences. Hikobia 15:453-462.
  4. Masuzaki, H., Tsubota. H., Shimamura, M., Yamaguchi, T. & Deguchi, H. (2010). A taxonomic revision of the genus Apometzgeria (Metzgeriales, Marchantiophyta). Hikobia 15:427-452.
  5. 桝崎浩亮・長谷川裕彦・増沢武弘・出口博則.(2010). 南アルプスで見つかったアイノコマチゴケ Haplomitrium minutumについて. Bryol. Res. 10: 45-47.
  6. Katagiri, T., Masuzaki, H., Masuzawa, T. & Deguchi, H. (2010). Mannia pilosa (Aytoniaceae, Marchantiophyta) -- new to the Japanese flora. Tropical Bryology 31: 76-80.
  7. Masuzaki, H., Shimamura, M., Furuki, T., Tsubota, H., Yamaguchi, T., Haji Mohamed Abdul Majid & Deguchi, H. (2010) Systematic position of the enigmatic liverwort Mizutania (Mizutaniaceae, Marchantiophyta) inferred from molecular phylogenetic analyses. Taxon 59 (2): 448-458.
  8. 片桐知之・出口博則.(2010) 日本におけるリシリゼニゴケとタカネゼニゴケの新産地.Bryol. Res. 10:1-4.
  9. 嶋村正樹・桝崎浩亮・片桐知之(2010). ヒメトロイブゴケの無性芽. Bryol. Res. 10: 13-14.
  10. Brown, R. C., Lemmon, B. E. & Shimamura, M. (2010) Diversity in meiotic spindle origin and determination of cytokinetic planes in sporogenesis of complex thalloid liverworts (Marchantiopsida). J. Plant Res. 123: 589-605.

2. その他

  1. Deguchi, H. & Yamaguchi, T. (2010). Bryophytes of Asia. Fasc.17. Hikobia 15:529-530.

B. 学会発表

  1. 定光淳・嶋村正樹・山口富美夫・出口博則.ナンジャモンジャゴケの色素体のゲノムの解析.日本植物学会中国四国支部第67回大会.講演要旨: p. 2. (2010年5月15日,山口)
  2. 竹中大祐・山口富美夫・嶋村正樹・出口博則.古処山の蘚苔類フロラ.日本植物学会中国四国支部第67回大会.講演要旨: p. 3. (2010年5月15日,山口)
  3. 出下卓・山口富美夫・嶋村正樹・出口博則.英彦山の蘚苔類フロラ.日本植物学会中国四国支部第67回大会.講演要旨: p. 3. (2010年5月15日,山口)
  4. 嶋村正樹・坪田博美. 減数分裂様式と分子系統解析からみたゼニゴケ類の系統進化. 第39回日本蘚苔類学会大会 (2010年8月19日,岩国市)
  5. 片桐知之・桝崎浩亮・増沢武弘・出口博則. 日本新産のキイチゴゼニゴケについて. 第39回日本蘚苔類学会大会 (2010年8月19日,岩国市)
  6. 竹中大祐・山口富美夫・嶋村正樹・出口博則. 九州北部石灰岩地の蘚苔類~古処山の蘚苔類相~第39回日本蘚苔類学会大会 (2010年8月19日,岩国市)
  7. 出下卓・山口富美夫・嶋村正樹・出口博則. 福岡県英彦山における蘚苔類相. 第39回日本蘚苔類学会大会 (2010年8月19日,岩国市)
  8. 山口富美夫・内田慎治・嶋村正樹・出口博則. 小笠原諸島未踏査島の蘚苔類相 1.聟島列島. 第39回日本蘚苔類学会大会 (2010年8月19日,岩国市)
  9. 山口富美夫・内田慎治・嶋村正樹・出口博則. 小笠原諸島未踏査島の蘚苔類相 2.火山列島北硫黄島. 第39回日本蘚苔類学会大会 (2010年8月19日,岩国市)
  10. 嶋村正樹・工藤珠美・山口富美夫・出口博則. コケ植物における生活環を通じた細胞分裂様式変遷パターンの比較. 日本植物学会第74回大会 (2010年9月11日,春日井)
  11. 酒井建輔・嶋村正樹・山口富美夫・出口 博則. コケ植物の精子形成過程における中心体構成物質の動態について. 日本植物学会第74回大会 (2010年9月11日,春日井)
  12. 奥田有貴・嶋村正樹・山口富美夫・出口博則. ゼニゴケ植物体の組織発生学的研究. 日本植物学会第74回大会 (2010年9月11日,春日井)