「東広島植物園」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
(キャンパス内の緑化支援)
217行: 217行:
 
*[[東広島キャンパスの植栽]]
 
*[[東広島キャンパスの植栽]]
 
*[[東広島植物園/学内緑化|学内緑化]]
 
*[[東広島植物園/学内緑化|学内緑化]]
{|
 
|[[ファイル:20161125緑化ボランティア01_東広島キャンパス_池田撮影_IMG_15708.JPG|300px|thumb|left|学内緑化ボランティア(東広島キャンパス中央図書館前; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)]]
 
|}
 
 
*[[東広島植物園/落ち葉の堆肥化|落ち葉の堆肥化]]
 
*[[東広島植物園/落ち葉の堆肥化|落ち葉の堆肥化]]
 +
*[[植物の病害虫]]
  
 
===自然体験学習への支援===
 
===自然体験学習への支援===

2019年9月15日 (日) 14:33時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島植物園

東広島植物園 Higashi-hiroshima Botanical Garden

 東広島植物園は,統合生命科学研究科の施設として,生物科学専攻の講座を中心に,教員や学生の研究・教育が行われる場として利用されています.また,生物学における教材植物を栽培管理し提供しています.広島大学総合博物館と連携した活動も行っています.※植物管理室は,2019年4月より統合生命科学研究科・附属宮島自然植物実験所の所属となりました.

最新情報

  • 2019.09.13 植物栽培実習秋コースの募集を締め切りました.
  • 2019.09.06 ジュニアドクター講座のおいて,広島学院中学校の1年生126名に自然観察ガイドを行いました.
  • 2019.09.02 植物栽培実習秋コースの募集を開始しました.
  • 2019.08.29 中国・四国地区国立大学法人等技術職員研修の分野別実習において,植物の見分け方講座を実施しました.
  • 2019.08.23 学童保育にて,小学生9名が野菜の収穫体験を行いました.
  • 2019.07.10,12 広大附属東雲中学校2年生6名が,職場体験にて花壇苗の植え付けやマルチ畝づくり・ニンジンの種まきなどを体験しました.
  • 2019.06.25 中央図書館前の花壇にて,マリーゴールド苗の植え付け作業を行い,教職員・学生・留学生のみなさん20名に参加いただきました.
マリーゴールド苗の植え付け(広島県東広島市鏡山 東広島キャンパス中央図書館前; 撮影: 塩路恒生, Jun. 25, 2019)
マリーゴールド苗の植え付け(広島県東広島市鏡山 東広島キャンパス中央図書館前; 撮影: 塩路恒生, Jun. 25, 2019)
植え付け後のマリーゴールド(広島県東広島市鏡山 東広島キャンパス中央図書館前; 撮影: 塩路恒生, Jun. 25, 2019)
  • 2019.06.23 ノートルダム清心中学校山岳部のみなさん30名が,発見の小径にて自然観察を行いました.
  • 2019.05.30 生態実験園の水田にて,附属幼稚園の年長組27名が植物学教室の学生といっしょに田植えを行いました.
  • 2019.05.28 ニュースレター17号(最新号)が発行されています.
  • 2019.05.18 東広島市八本松南の広島県立教育センターにて第23回教材生物バザールが開催され,東広島植物園も参加してきました.オオムラサキツユクサヌマムラサキツユクサ,ワタ,ラッカセイ,オジギソウ,ユキノシタなどの苗の配布,コスギゴケやゼニゴケ,エゾスナゴケ,ナガサキツノゴケの観察キットの配布を行いました.
第23回教材生物バザール出品物(広島県東広島市八本松南; 撮影: 塩路恒生, May 18, 2019)
第23回教材生物バザール出品物.コケの観察キットも配布しました.(広島県東広島市八本松南; 撮影: 塩路恒生, May 18, 2019)
第23回教材生物バザールの様子.(広島県東広島市八本松南; 撮影: 塩路恒生, May 18, 2019)
  • 2019.04.06 総合博物館フィールドナビ「歩こう!!学ぼう!!キャンパスの桜と水」が開催されました.東広島キャンパス南部付近を歩き,サクラと水の管理について学びました.
最初にキャンパス内のサクラの解説がありました.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 6, 2019)
満開のソメイヨシノの中を歩いていきました.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 6, 2019)
キャンパスを流れる水について学びました(円筒分水).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 6, 2019)
イシモチソウ保全活動中.アカマツと下草を切って日当たりをよくしました.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Mar. 9, 2019)
イシモチソウ保全活動.アカマツや下草がなくなり日当たりがよくなりました.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Mar. 9, 2019)
イシモチソウ保全活動終了後の写真(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Mar. 9, 2019)


-> 過去のニュースはこちら

季節の花ごよみ

9月

ヒガンバナの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 15, 2017)
シロバナマンジュシャゲの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 16, 2016)
ショウキズイセンの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 9, 2016)
ガザニアの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 2, 2016)
ガガブタの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 9, 2016)
ツリフネソウの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 9, 2016)
シュウカイドウの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 2, 2016)


8月

  • アサガオフウセンカズラが開花します.花や実を鑑賞するのにも使われますが,最近ではグリーンカーテン(壁面緑化)としての利用も増えています.
アサガオ(白花)(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Aug. 4, 2017)
アサガオ(青紫色)(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Aug. 4, 2017)
アサガオ(赤紫色)(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Aug. 4, 2017)
フウセンカズラ(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 28, 2017)
フウセンカズラの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 28, 2017)
フウセンカズラの花と果実(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 28, 2017)

7月

ホタルブクロの花(白花)(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 7, 2017)
ミソハギの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 7, 2017)
ヤブカンゾウの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 7, 2017)
ダンドク(カンナ)の花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 7, 2017)
オオキツネノカミソリの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 21, 2017)
ミソハギの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 21, 2017)
セイヨウアジサイの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 7, 2017)
ガクアジサイの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 7, 2017)
シモツケの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 21, 2017)
オニユリの花(植栽)(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 28, 2017)
オニユリのむかご(植栽)(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 28, 2017)
ツユクサの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul. 1, 2016)
アメリカノウゼンカズラの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 29, 2016)
ハエマンサス(Haemanthus multiflorus)の花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 8, 2016)
ダンドク(カンナ)の花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 29, 2016)
アルストロメリアの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 1, 2016)
アルストロメリアの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 1, 2016)
セイヨウアジサイの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 1, 2016)
アナナス(属)の花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 1, 2016)
グズマニアの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 1, 2016)
デュランタの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 1, 2016)
カミガヤツリ(パピルス)(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 1, 2016)
ソブラリアの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 1, 2016)
ミソハギの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 1, 2016)
サイジョウコウホネの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 1, 2016)
ナツズイセンの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 29, 2016)

-> 年間の写真はこちら

施設案内

施設管理エリア

研究・教育エリア

見学・観察エリア

見学について

大温室・樹木園および実験圃場に関しては,平日の8時30分から17時30分の間,自由に見学していただいてもかまいません.

(土日祝日は,施設を閉鎖していますのでご注意ください)

管理棟・研究温室については,立ち入りを制限しています.見学等をご希望の方は,事前にご連絡ください.

また,生態実験園に関しては終日一般公開しておりますが,以下の事がらには十分注意してお入りください.

  • 実験中につき,通路以外に立ち入らないこと
  • 生物の採集・持ち込みをしないこと
  • ニホンマムシや危険な場所には注意すること

教育・研究活動支援

  • 学部生及び大学院生に対する植物の栽培に関する技術指導
  • 研究用植物の栽培・増殖,実験材料の栽培育成と提供
  • 有用植物,教材植物の栽培育成と展示
  • 園内の植物写真,植物リスト作成など資料収集
  • 生態実験園での里山的手法を用いた生物保護への試み

植物栽培入門講座

植物栽培入門講座26年春コース(広島大学植物園; 撮影: 塩路恒生, Jul. 10, 2014)

講座の目的

理科の先生や植物学の研究者を目指す学生を対象に,植物栽培の基礎を学んでもらう.実際に植物を育てることにより幅広い知識を身につけ,この講座で得た経験を今後の研究や教育に役立ててもらう.

講座の概要

学内より学生を募集し(定員10名)2時間程度の集合実習を8回行い,栽培に関する基礎講習と生育に合わせた実技指導を実施.実習期間中は各自が責任をもって管理収穫等を行う.

講座実習の主な内容

○管理機の扱い方 ○マルチ畝の作り方 ○肥料の施し方 ○農薬の扱い方 ○種まきの方法 ○定植の方法 ○摘心・選定の方法 ○収穫期の判断法など

受講した学生の声

  • 『実際に自分の手で作物を植え収穫できたことは,非常にいい経験になった.』
  • 『日々成長していく植物を観察することができて勉強になった.』
  • 『自分たちが実習で行ったことは栽培のほんの一部なので,すべての作業を考えると植物を育てることはとても容易でないと感じた.』


令和元年秋コース実習スケジュール

実習日:木曜日 14:35~16:05

第1回  9月12日(木) マルチ畝作り

第2回  9月19日(木) ダイコン,ニンジン,ホウレンソウなどの種まき,ハクサイ,ブロッコリー,キャベツの定植

第3回  9月26日(木) 間引き,除草.シュンギク,レタス定植

第4回 10月 3日(木) 噴霧器の扱い方

第5回 10月17日(木) 作物の調理法について 

第6回 10月31日(木) 作物の収穫時期について(収穫)

第7回 11月14日(木) 作物の収穫時期について(収穫)

第8回 12月 5日(木) 作物の収穫,まとめ

<秋コースで栽培する野菜>

秋コースの野菜の種(広島県東広島市鏡山 東広島植物園; 撮影: 塩路恒生, Sep. 2, 2019)
  • ハクサイ(タイニーシュシュ)
  • ブロッコリー(ピクセル)
  • キャベツ(グリーンボール)
  • ダイコン(冬自慢)
  • カブ(玉波,あやめ雪)
  • レタス(リバーグリーン)
  • ニンジン(紅あかり)
  • ミズナ(水天)
  • シュンギク(中葉春菊)
  • チンゲンサイ(青帝)
  • ハツカダイコン(レッドチャイム)
  • ホウレンソウ(オシリス)

-> 過去の植物栽培入門講座はこちら

大学内への貢献

キャンパス内の自然環境保全

キャンパス内の緑化支援

自然体験学習への支援

大学祭

社会貢献

教材生物バザール

生物教材バザール会場(広島県東広島市八本松南 広島県立教育センター; 撮影: 池田誠慈, May 17, 2017)
生物教材バザール出品物(広島県東広島市八本松南 広島県立教育センター; 撮影: 池田誠慈, May 17, 2017)
生物教材バザール出品物(広島県東広島市八本松南 広島県立教育センター; 撮影: 池田誠慈, May 17, 2017)

理科教育の充実を図るために,広島県立教育センターにて毎年実施されている教材生物バザールにおいて,オジギソウオオムラサキツユクサヌマムラサキツユクサの苗などの配布をしています.

広島大学デジタル自然史博物館

東広島植物園(植物管理室)ニュースレター

植物目録

東広島植物園では,約107種の樹木とxxx種の草本の植栽がされています.以下はその一覧です.ただし,希少種は一覧から除外してあります.

関連ページ


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島植物園