東広島キャンパスの遺跡/陣ヶ平西遺跡/陣ヶ平西古墳

広島大学 > 広島大学デジタル博物館 > 文化財博物館 > 東広島キャンパスの遺跡 > 陣ヶ平西遺跡 > 陣ヶ平西古墳

陣ヶ平西古墳(古墳時代)

横穴式石室を内部主体とする古墳です。山林の砂防工事などによって羨道部分を破壊されており、天井石の大半も抜き取られていました。墳丘の大半も削平・流失していますが、直径約10mの円墳と推定されます。予備調査のため石室内部の調査は行っていませんが、現状で石室の長さ約 2.5m、幅約1mの規模です。山林造成の際に石室の一部が破壊されたと思われ、古墳の立地する丘陵裾で須恵器が多数出土しました。出土須恵器より、古墳時代後期後半(6世紀末)に位置づけられ、1・3号窯跡と同時期です。窯跡の南側には同時期の集落跡も存在することから、須恵器工人の長およびその血縁者が葬られていると想定されます。

遺構