東広島キャンパスの花ごよみ/過去のニュース/2020

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2020年3月12日 (木) 10:25時点におけるChubo (トーク | 投稿記録)による版

移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの花ごよみ > 2020年の東広島キャンパスの花ごよみ

2020年の東広島キャンパスの花ごよみ

キャンパスで見られる植物の花や実の2020年の情報です.写真や名前をクリックすると解説ページに移動します.

2020

1月

  • 2020.01.17-24 植物の冬の姿を紹介します。チャルメルソウは葉の状態で越冬します.ヤマコウバシアオキは冬芽をつけます.ヤマコウバシの冬芽は,葉と花が一緒になった混芽です。
チャルメルソウ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 松坂啓佑, Jan. 17, 2020)
ヤマコウバシの冬芽(広島県東広島市鏡山; 撮影: 松坂啓佑, Jan. 24, 2020)
アオキ(植栽)の冬芽(広島県東広島市鏡山; 撮影: 松坂啓佑, Jan. 24, 2020)
ウメ(紅梅,植栽)の花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 松坂啓佑, Jan. 24, 2020)
ミドリハコベの花.雄しべの数は4~10個になる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 松坂啓佑, Jan. 10, 2020)
コハコベの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jan. 10, 2020)
オランダミミナグサの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jan. 10, 2020)
オオイヌノフグリの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jan. 10, 2020)
ホトケノザの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jan. 10, 2020)
ツルウメモドキの種子(広島県東広島市鏡山; 撮影: 松坂啓佑, Jan. 10, 2020)

過去のニュース

関連ページ


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの花ごよみ > 2020年の東広島キャンパスの花ごよみ