「東広島キャンパスの花ごよみ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(2人の利用者による、間の5版が非表示)
14行目: 14行目:
 
ファイル: 20210721モッコクの花_東広島市鏡山_中村撮影_P7210172s.JPG|200px|thumb|right|モッコクの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 中村 創, Jul. 21, 2021)|link=モッコク_広島大学東広島キャンパス
 
ファイル: 20210721モッコクの花_東広島市鏡山_中村撮影_P7210172s.JPG|200px|thumb|right|モッコクの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 中村 創, Jul. 21, 2021)|link=モッコク_広島大学東広島キャンパス
 
</gallery>
 
</gallery>
*東広島キャンパスの保健管理センター付近ではアメリカノウゼンカズラや[[ネムノキ_広島大学東広島キャンパス|ネムノキ]]が開花しています.アメリカノウゼンカズラはマダムガレンという品種で,ノウゼンカズラとの雑種です.
+
*東広島キャンパスの保健管理センター付近ではアイノコノウゼンカズラや[[ネムノキ_広島大学東広島キャンパス|ネムノキ]]が開花しています.アイノコノウゼンカズラは'マダムガレン'という品種で,ノウゼンカズラとアメリカノウゼンカズラの雑種です.
 
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
20210701アメリカノウゼンカズラ_東広島市鏡山_中村撮影_P7010070s.JPG|200px|thumb|right|アメリカノウゼンカズラ(マダムガレン)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 中村 創, Jul. 1, 2021)
+
20210701アイノコノウゼンカズラ_東広島市鏡山_中村撮影_P7010070s.JPG|200px|thumb|right|アイノコノウゼンカズラ 'マダムガレン'(広島県東広島市鏡山; 撮影: 中村 創, Jul. 1, 2021)
 
20210701ネムノキ_東広島市鏡山_中村撮影_P7010080s.JPG|200px|thumb|right|ネムノキの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 中村 創, Jul. 1, 2021)|link=ネムノキ_東広島キャンパス
 
20210701ネムノキ_東広島市鏡山_中村撮影_P7010080s.JPG|200px|thumb|right|ネムノキの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 中村 創, Jul. 1, 2021)|link=ネムノキ_東広島キャンパス
 
</gallery>
 
</gallery>

2021年7月30日 (金) 13:44時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの花ごよみ

最新情報

キャンパスで現在見られる植物の花や実の情報です.名前や写真をクリックすると解説ページに移動します.

2021

7月

  • 東広島キャンパスの文学部付近や総合科学部付近などでムクゲが開花しています.西体育館付近ではシマトネリコが開花しています.植栽樹木として多く植えられているモッコクが開花しており,広島大学のあちこちで見ることができます.
  • 東広島キャンパスの保健管理センター付近ではアイノコノウゼンカズラやネムノキが開花しています.アイノコノウゼンカズラは'マダムガレン'という品種で,ノウゼンカズラとアメリカノウゼンカズラの雑種です.
  • 東広島キャンパスではネジバナが開花しています.造成地にも多く生えているランで,螺旋状に咲く桃色の花が目を引きます.近隣の山の林床にはオオバノトンボソウが開花しています.花色が緑のランです.

湿った草地でも夏を告げる花が咲き始めました.ツユクサは青い花弁が特徴で,あぜ道や畑の傍にしばしば自生します.ミゾカクシも,水田の周辺など湿った環境に生える植物です.ヤブカンゾウは八重咲の鮮やかな橙色の花が特徴で,河川敷などでよく見られます.

やや湿った林縁部にはホタルブクロが開花しています.この花にホタルを入れて提灯のように光を灯す遊びがあったといいます.開けた草地ではウツボグサが開花しています.紫色の花が目立ち,発見の小径ではよく開花しています.ヘクソカズラも植え込みなどで開花していました.

6月

5月

  • キャンパス内で自生するアジサイ類です。コアジサイは香りの強いアジサイで,明るい林縁に生えます.コガクウツギはやや日当たりの悪い林縁部に自生し,ガクウツギと異なり葉が先端で急に尖りません.イワガラミは木や岩に絡みつくつる性のアジサイで,葉の表面に毛があるものはケイワガラミと呼ばれます.
  • キイチゴ類の実を観察することができました.キャンパス内で一番よく目にするのはビロードイチゴで,葉の両面に触れるとビロードのような感触があります.実は黄紅色をしています.生態実験園で主に見られるのはクサイチゴで,低木でありながら腰より低い高さまでしか伸びません.実は比較的大きく,食べると爽やかな甘味を感じられます.クマイチゴはキャンパスでは限られた場所にしか生えず,かつ個体数も少ないです.実は小核果が尖っているのが特徴です.
  • 林縁部ではササユリが咲いていました.淡いピンク色の花が美しく,香りも強いです.スイカズラはつる性で,咲始めの白い花と少し古くなった黄色い花を同時に鑑賞することができます.林床にはシライトソウが咲き,暗い森の中で一際目立つ白い花を咲かせます.

4月

  • 2021.04.08-05.01 東広島キャンパスでは,4月中旬から下旬にかけてヤマフジノダフジが開花していました.両種とも酷似していますが,ヤマフジは蔓が左巻きで花房が短く,ノダフジは蔓が右巻きで花房が長いです.また,花期もヤマフジのほうが早いです.
  • タンポポや,それに類似するキク科植物です.


  • 山野の白い花々です.
  • 林縁部に自生するキイチゴ類です.ビロードイチゴは枝や葉の両面に細かい毛が多いです.ナガバモミジイチゴは葉が三裂し,表面はやや光沢が強いのが特徴です.この二種は花が下向きがつきます.クサイチゴは腰より低い位置に大輪の白い花を上向きにつけます.


  • 肥沃で明るい草地にはオオイヌノフグリが見られます.鮮やかな青い花を咲かせる本種ですが,果実が二つ並んでつく様子を犬の陰嚢(ふぐり)に見立てられています.路傍や林縁部の地表ではキランソウが開花してます.林床ではショウジョウバカマが咲いています.東広島キャンパスでは淡いピンク色の花を咲かせる個体が大半です.

3月

  • 2021.03.15-24 東広島キャンパスではスミレ類が開花しています.日当たりの良い草地ではスミレが,路傍などではノジスミレヒメスミレが開花しています.
  • 2021.03.08 キャンパス内の自生や植栽のアセビが開花しています.ツツジ科の中でもいち早く開花します.

2月

1月

  • 2021.01.12 寒波が到来し,東広島キャンパスの植物も雪化粧しましたが雪の下でも我慢強く春を待っています.
  • 2021.01.01 あけましておめでとうございます.

過去のニュース

過去のニュースはこちら.

関連ページ


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの花ごよみ