「東広島キャンパスの動物」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
(カレハガ科)
(カレハガ科)
198行: 198行:
 
*[[オビカレハ_広島大学東広島キャンパス|オビカレハ]]
 
*[[オビカレハ_広島大学東広島キャンパス|オビカレハ]]
 
*[[クヌギカレハ_広島大学東広島キャンパス|クヌギカレハ]]
 
*[[クヌギカレハ_広島大学東広島キャンパス|クヌギカレハ]]
*[[タケカレハ_広島大学東広島キャンパス|タケカレハ]](編集中)
+
*[[タケカレハ_広島大学東広島キャンパス|タケカレハ]]
 
*[[マツカレハ_広島大学東広島キャンパス|マツカレハ]]
 
*[[マツカレハ_広島大学東広島キャンパス|マツカレハ]]
  

2019年8月19日 (月) 21:19時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物

東広島キャンパスの動物一覧

  • ここでは東広島キャンパス内で見られる動物の一覧を作成中です.特集ページ「東広島キャンパスの生き物」では,東広島キャンパスの動物の最新情報を掲載していますのでそちらもご覧ください.

哺乳類

東広島キャンパスでは,逸見ほか(2018)により4目12種の生息が確認されている.その後ニホンジカが確認されたため5目13種となった.

ウシ目(偶蹄目) Artiodactyla

シカ科 Cervidae

ネコ目(食肉目) Carnivora

イヌ科 Canidae

ネコ科 Felidae

  • イエネコ(ノネコ) Felis catus

イタチ科 Mustelidae

  • ホンドテン(テン) Martes melampus melampus
  • シベリアイタチ Mustela sibirica

コウモリ目(翼手目) Chiroptera

ヒナコウモリ科 Vespertilionidae

  • アブラコウモリ Pipistrellus abramus

ネズミ目(齧歯目,げっ歯目) Rodentia

  • ホンドアカネズミ(アカネズミ) Apodemus speciosus speciosus
  • ホンドカヤネズミ(カヤネズミ) Micromys minutus japonicus
  • ドブネズミ Rattus norvegicus

トガリネズミ目 Soricomorpha

トガリネズミ科 Soricidae

  • ニホンジネズミ(ジネズミ) Crocidura dsinezumi

モグラ科 Talpidae

  • ヒミズ Urotrichus talpoides

鳥類

東広島キャンパスでは,新名・谷口(2013)が11目27科55種の野鳥を報告している.その後新たに得られた知見も含め一覧として掲載する(2019年3月22日現在67種).詳細は,「東広島キャンパスの鳥類相」を参照.

爬虫類

東広島キャンパスでは,13種の爬虫類の生息が確認されている(神林ほか 2016).

カメ目 Testudines

イシガメ科 Geoemydidae

ヌマガメ科 Emydidae

有鱗目 Squamata

トカゲ亜目 Lacertilia

ヤモリ科 Gekkonidae
トカゲ科 Scincidae
カナヘビ科 Lacertidae

ヘビ亜目 Serpentes

ナミヘビ科 Colubridae
クサリヘビ科 Viperidae

両生類

東広島キャンパスでは7科10種の両生類の生息が確認されている(神林ほか 2016).

無尾目 Anura

ヒキガエル科 Bufonidae

アマガエル科 Hylidae

アカガエル科 Ranidae

ヌマガエル科 Dicroglossidae

アオガエル科 Rhacophoridae

有尾目 Caudata

サンショウウオ科 Hynobiidae

イモリ科 Salamandridae

魚類

コイ目 Cypriniformes

コイ科 Cyprinidae

スズキ目 Perciformes

サンフィッシュ科 Centrarchidae

ドンコ科 Odontobutidae

昆虫綱(昆虫)

ゴキブリ目 Blattodea

チャバネゴキブリ科 Ectobiigae

コウチュウ目 Coleoptera

オサムシ科 Carabidae

ゲンゴロウ科 Dytiscidae

タマムシ科 Buprestidae

ジョウカイボン科 Cantharidae

ホタル科 Lampyridae

ベニボタル科 Lycidae

コクヌスト科 Trogossitidae

オトシブミ科 Attelabidae

カミキリムシ科 Cerambycidae

ハムシ科 Chrysomelidae

テントウムシ科 Coccinellidae

ゾウムシ科 Curculionidae

センチコガネ科 Geotrupidae

ガムシ科 Hydrophilidae

コメツキムシ科 Elateridae

クワガタムシ科 Lucanidae

ケシキスイ科 Nitidulidae

カミキリモドキ Oedemeridae

コガネムシ科 Scarabaeidae

シデムシ科 Silphidae

ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae

ハサミムシ目 Dermaptera

オオハサミムシ科 Labiduridae

ハエ目 Diptera

ムシヒキアブ科 Asilidae

ツリアブ科 Bombyliidae

ベッコウバエ科 Dryomyzidae

ミギワバエ科 Ephydridae

ヒメガガンボ科 Limoniidae

ミズアブ科 Stratiomyidae

ハナアブ科 Syrphidae

ガガンボ科 Tipulidae

ハチ目 Hymenoptera

ミフシハバチ科 Argidae

ミツバチ科 Apidae

ヒメバチ科 Icheumonidae

アリ科 Folmicidae

ドロバチモドキ科 Nyssonidae

クモバチ科 Pompilidae

アナバチ科 Sphecidae

スズメバチ科 Vespidae

チョウ目の中のいわゆるチョウ Rhopalocera

東広島キャンパス内では,5科66種のチョウが観察されている(佐藤・坂本 2017).55/66種の生態写真あり(83.3%).

セセリチョウ科 Hesperiidae

シジミチョウ科 Lycaenidae

タテハチョウ科 Nymphalidae

アゲハチョウ科 Papilionidae

シロチョウ科 Pieridae

その他のチョウ目(いわゆる,「ガ」の仲間)

シャクガ科 Geometridae

イラガ科 Limacodidae

ヒゲナガガ科 Adelidae

オビガ科 Eupterotidae

アゲハモドキガ科 Epicopeiidae

コウモリガ科

カレハガ科

ドクガ科

コブガ科

シャチホコガ科 Notodontidae

イカリモンガ科

マダラガ科 Zygaenidae

ハマキガ科

イボタガ科

スズメガ科

ヒトリガ科

ヤママユ科

ヤガ科

シリアゲムシ目 Mecoptera

シリアゲムシ科

アミメカゲロウ目

ツノトンボ科

ウスバカゲロウ科

クサカゲロウ科

ヒロバカゲロウ科

センブリ科

ヘビトンボ科

ラクダムシ科

カメムシ目

ツノカメムシ科 Acanthosomatidae

ヒラタカメムシ科 Aradidae

コオイムシ科 Belostomatidae

ヘリカメムシ科 Coreidae

アメンボ科 Gerridae

オオメナガカメムシ科 Geocoridae

イトアメンボ科 Hydrometridae

タイコウチ科 Nepidae

マツモムシ科 Notonectidae

メミズムシ科 Ochteridae

ヒゲナガカメムシ科 Pachygronthidae

カメムシ科 Pentatomidae

マルカメムシ科 Plataspidae

サシガメ科 Reduviidae

ミズギワカメムシ科 Saldidae

キンカメムシ科 Scutelleridae

カタビロアメンボ科 Veliidae

アワフキムシ科 Aphrophoridae

セミ科 Cicadidae

アオバハゴロモ科 Flatidae

マルウンカ科 Issidae

トゲアワフキムシ科 Machaerotidae

ツノゼミ科 Membracidae

ハゴロモ科 Ricaniidae

カマキリ目 Mantodea

カマキリ科 Mantidae

ハナカマキリ科 Hymenopodidae

バッタ目 Orthoptera

東広島キャンパスでは,2019年8月現在12科53種のバッタ・コオロギ・キリギリスの仲間が確認されている(南葉ほか,未発表).

バッタ科 Acrididae

オンブバッタ科 Pyrgomorphidae

ヒシバッタ科 Tetrigidae

マツムシ科 Eneopteridae

コオロギ科 Gryllidae

ケラ科 Gryllotalpidae

カネタタキ科 Mogoplistidae

ヒバリモドキ科 Trigonidiidae

カマドウマ科 Rhaphidophoridae

コロギス科 Gryllacrididae

ササキリモドキ科 Meconematidae

キリギリス科 Tettigoniidae

ナナフシ目

ナナフシ科

トビナナフシ科

カゲロウ目

  • ヒメトビケラ

トンボ目

東広島キャンパスでは,約56種類のトンボが確認されている(青山ほか 2014).49/56種の生態写真あり(87.5%).

イトトンボ科

アオイトトンボ科

モノサシトンボ科

カワトンボ科

ヤンマ科

エゾトンボ科

サナエトンボ科

オニヤンマ科

トンボ科

ヤマトンボ科

ムカシヤンマ科

甲殻綱(甲殻類)

エビ目(十脚目)

アメリカザリガニ科 Cambaridae

サワガニ科

クモ綱

クモ目

コガネグモ科 Araneidae

コマチグモ科 Eutichuridae

トタテグモ科 Ctenizidae

コモリグモ科 Lycosidae

ジョロウグモ科 Nephilidae

キシダグモ科 Pisauridae

ハエトリグモ科 Salticidae

アシダカグモ科 Sparassidae

ヒメグモ科 Theridiidae

アシナガグモ科 Tetragnathidae

カニグモ科 Thomisidae

ウズグモ科 Uloboridae

鰓足綱

腹足綱(巻貝)

引用

  • 青山幹男・山本晃弘・福永みちる・中坪孝之. 2014. 広島大学東広島キャンパスのトンボ相. 広島大学総合博物館研究報告 6: 51-60 PDF
  • 逸見敬太郎・神林千晶・柳 拓明・谷聖太郎・清水則雄. 2018. 広島大学東広島キャンパスの哺乳類相. 広島大学総合博物館研究報告 10: 121-127 PDF
  • 神林千晶・宇都武司・塩路恒生・倉林 敦・清水則雄. 2016. 広島大学東広島キャンパスの両生類相―外来生物の現状とその影響―. 広島大学総合博物館研究報告 8: 17-29 PDF
  • 佐藤祐輔・坂本 充. 2017. 広島大学東広島キャンパスのチョウ相. 広島大学総合博物館研究報告 9: 95-102 PDF

備考

関連ページ


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物