東広島キャンパスのどんぐりのなる樹

提供: 広島大学デジタル博物館
2016年12月17日 (土) 21:33時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版 (→‎どんぐりの写真)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスのどんぐりのなる樹

東広島キャンパスのどんぐりのなる樹

 「どんぐり」を作る植物の仲間をブナ科 Fagaceaeと言います.どんぐりは,ブナ科植物の果実で,どんぐり果[殻斗果(かくとか)や堅果(けんか)とも]と呼ばれます.いわゆるどんぐりの帽子になる殻斗(かくと)やクリで見られる毬(いが)と呼ばれる器官で,果実が包まれるのがブナ科の特徴のひとつです.

 広島県内から報告されているブナ科の植物は約20種です.東広島キャンパス内には,自生・植栽を含め13種程度の樹が生育しています.

どんぐりの写真

 キャンパス内でどんぐりが多く実る10種類の樹を紹介します.


  • マテバシイ(植栽):広島県に自生はしませんが,街路樹などによく利用されています.どんぐりが大きく工芸品の加工に使われます.


  • アベマキ(自生):クヌギとよく似ていて混同されますが,樹皮や葉の裏側の毛を観察すると識別できます.どんぐりと殻斗のみの識別は困難です.



  • ウバメガシ(植栽):広島県内では,沿岸部や島しょ部で見られます.街路樹によく利用されています.備長炭の素材に使われるのは本種です.



  • クヌギ(植栽):広島県内では,類似種のアベマキの方が多く見られます.樹皮と葉の裏側で識別します.どんぐりと殻斗のみの識別は困難です.



  • シラカシ(植栽):「理学部・理学研究科の樹」に指定されています.理学部周辺に多く植栽されています.


ナラガシワ(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 30, 2016)
ナラガシワの堅果(どんぐり)(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 30, 2016)
ナラガシワの葉.大きな鋸歯があり,葉柄が長い.(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 30, 2016)

文献(引用)

関連ページ


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスのどんぐりのなる樹