弥山原始林の植物と植生

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2019年5月13日 (月) 08:58時点におけるChubo (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島 > 弥山原始林の植物と植生

海から望む広島県廿日市市宮島 Miyajima Is., Hiroshima, SW Japan(撮影: 坪田博美; May 21, 2007)

目次

弥山原始林の植物と植生

宮島のシンボルであるモミジ(モミジは広島県の県木、県花である)はイロハモミジオオモミジであるが、それらは本来宮島に自生しない植物で、植栽されたものである。紅葉谷公園のモミジには、その他トウカエデのような外国のカエデも植栽されている。ウリハダカエデは比較的寒い地域に生息するが、宮島に自生している。 弥山原始林は弥山(529.8m)の北斜面一帯の森林を指しており、宮島では最も自然の保たれてきた所である。弥山原始林の植生は大まかに3つの帯'二分けられる。(山麓部の緩斜面、海抜300 mより低い山地,300m以上の山地)。

1. 山麓部

宮島では、山麓部の緩斜面にはクスノキ・クマノミズキ群落が大元公園や紅葉谷公園   付近ではモミ-ミミズパイ群落が見られる。    モミ、クスノキ、カヤ、ミミズパイ、カンザブロウノキ、シキミ、アセビ、イヌガシ、シロ ダモ、タイミンタチバナ、ホウロクイチゴ、ハスノハカズラ、イズセンリョウ、ヒメイタビ、キ ッコウハグマ

2. 海抜300 m以下の斜面

海抜高300m以下の斜面にはコジイ群落が発達する。夕イミンタチバナ、シリブカガ シ、トキワガキ、ウパメガシ、ミミズバイなどは300m以下の所に出現する。   ブナ科(コジイ、シリブカガシ、アラカシ)、ツバキ科(ヤブツバキ、サカキ、ヒサカキ.モ ッコク)、クスノキ科(シロダモ、イヌガシ、ヤブニッケイ)、ハイノキ科(クロキ、クロバ イ、ミミズパイ、カンザブロウノキ)、モクセイ科のネズミモチ、バラ科のカナメモチ、シ キミ科のシキミなどの照葉樹が豊富であり、サカキカズラ、テイカカズラ、マツブサ、ウ ラジロマタタビ、ミツバアケビ、サンカクヅルなどの木生つる植物が多く見られ、林床  にはペニシダなどの陰生植物がみられる。

3. 海抜300 m以上の斜面

海抜300m以上の斜面にモミ・アカガシ群落が発達する。アカガシ、ウラジロガシ、ツ  クバネガシ、ハイノキ、ミヤマシキミなどは主として300m以上の山地に見られる。   モミ、ツガ、アカガシ、ツクパネガシ、ウラジロガシ、カゴノキ、イヌガシ、シロダモ、ヤブ ニッケイ、シキミ、ソヨゴ、クロパイ、ハイノキ、ヤブツパキ、ヒサカキ、サカキなどが出 現し、林床に、ミヤマシキミ、サンヨウアオイ、ベニシダなどの陰生植物が見られる。

4. 二次林

弥山原始林内の二次林としてアカマツークロパイ群落がある。 アカマツニ次林にはクロバイ、ヤブツバキなどの照葉樹の他にネジキ、リョウブ、ウリハダカエデ、コバノミツバツツジなどの落葉広葉樹が混生し、林床には陽生植物のコシダやウラジロが密生することが多い。ネズ、ヤマツツジ、ススキ、ガンピ、ミヤマママコナなどの陽生植物を持つ型とイヌガシ、シロダモなどの陰牛植物を持つ型に分けられる。

関連ページ