「広島県の主要遺跡/樽床遺跡群」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成:「<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/digital.htm 広島大学デジタル…」)
 
 
(他の1人の利用者による、間の1版が非表示)
1行目: 1行目:
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/digital.htm 広島大学デジタル博物館] > [[文化財博物館|文化財博物館]] > [[広島県内の埋蔵文化財]] > [[広島県内の埋蔵文化財/樽床遺跡群|樽床遺跡群]]<span>
+
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/digital.htm 広島大学デジタル博物館] > [[文化財博物館|文化財博物館]] > [[広島県内の埋蔵文化財]] > [[広島県の主要遺跡/樽床遺跡群|樽床遺跡群]]<span>
  
==樽床遺跡==
+
==樽床遺跡(山県郡芸北町)==
 +
 
 +
樽床遺跡群は、人口湖である聖湖に面した丘陵を中心に立地しています。発掘調査は実施されていませんが、旧石器~縄文時代を中心とする遺物が26地点から採集されています。旧石器時代の遺物は、G地点、M1地点、C0地点などで発見されています。中でも、G地点では注目される遺物が出土しています。縦長剥片素材の基部加工ナイフ形石器、掻器、掻器(そうき)や整った形態の縦長剥片が多数採集されており、石材は黒曜石、安山岩(あんざんがん)などですが、黒曜石の割合が高く、理化学分析では島根県隠岐産という分析結果が出ています。出土石器はいずれも採集品などで共伴関係は不明ですが、後期旧石器時代後半期に位置づけられるものと思われます。隠岐からの距離は直線で約200kmあることや石器群の特徴が山陰・北陸地域と関連を持つことなどから、今後の調査・研究の進展が期待されます。
 +
 
 +
----
 +
[[Category:広島大学]]
 +
[[Category:総合博物館]]
 +
[[Category:文化財]]
 +
[[Category:埋蔵文化財調査部門]]
 +
[[Category:コ]]
 +
[[Category:考古学]]
 +
[[Category:遺跡]]
 +
[[Category:歴史]]
 +
[[Category:広島]]
 +
[[Category:用語集]]

2021年2月18日 (木) 16:27時点における最新版

広島大学 > 広島大学デジタル博物館 > 文化財博物館 > 広島県内の埋蔵文化財 > 樽床遺跡群

樽床遺跡(山県郡芸北町)

樽床遺跡群は、人口湖である聖湖に面した丘陵を中心に立地しています。発掘調査は実施されていませんが、旧石器~縄文時代を中心とする遺物が26地点から採集されています。旧石器時代の遺物は、G地点、M1地点、C0地点などで発見されています。中でも、G地点では注目される遺物が出土しています。縦長剥片素材の基部加工ナイフ形石器、掻器、掻器(そうき)や整った形態の縦長剥片が多数採集されており、石材は黒曜石、安山岩(あんざんがん)などですが、黒曜石の割合が高く、理化学分析では島根県隠岐産という分析結果が出ています。出土石器はいずれも採集品などで共伴関係は不明ですが、後期旧石器時代後半期に位置づけられるものと思われます。隠岐からの距離は直線で約200kmあることや石器群の特徴が山陰・北陸地域と関連を持つことなどから、今後の調査・研究の進展が期待されます。