宮島自然植物実験所/教育・研究活動/研究業績/2020年度

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島 > 研究業績 | 植物

宮島自然植物実験所 2020(令和2)年度研究業績

A. 出版物

1. 研究論文

  1. Inoue, Y., Jiménez, J. A., Sato, T., Tsubota, H. & Yamaguchi, T. 2020. Taxonomic reevaluation of Didymodon nigrescens (Pottiaceae) in Japan. Hattoria 11: 61–75.
  2. Inoue, Y., Tsubota, H. & Yamaguchi, T. 2020. Splachnobryum obtusum (Pottiaceae) new to Japan and its molecular evolution. Hikobia 18(2): 83-91.
  3. 井上侑哉・南葉錬志郎・岩﨑元道・池田誠慈・塩路恒生・中原-坪田美保・坪田博美. 2020. 広島県におけるヒナノシャクジョウBurmannia championii Thwaitesの新産地. Hikobia 18(2): 99-103. [Inoue, Y., Nanba, R., Iwasaki, M., Ikeda, S., Shioji, T., Nakahara-Tsubota, M. & Tsubota, H. 2020. New locality of Brumannia championii Thwaites in Hiroshima Pref., SW Japan. Hikobia 18: 99-103.]

2. その他

B. 学会発表

  1. 井上侑哉・坪田博美・山口富美夫. 小笠原諸島から見つかった日本新産のSplachnobryum obtusum(センボンゴケ科,セン類). 日本蘚苔類学会第49回オンライン高知大会(2020年9月4-5日). 日本蘚苔類学会 第49回オンライン高知大会要旨集, OP04, p. 12.
  2. 本宮 炎・小林久哉・本宮宏美・井上侑哉・坪田博美. 体験と学びの野外博物館の実践-広島県三段峡の例-. 日本蘚苔類学会第49回オンライン高知大会(2020年9月4-5日). 日本蘚苔類学会 第49回オンライン高知大会要旨集, PP06, p. 22.

C. 外部資金

D. その他

E. 講演等

旧研究業績


デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 | 植物 | 宮島 にもどる