原田 2001

2021年11月23日 (火) 16:05時点におけるKMatsuzaka (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「= 原田(2001) = == 文献(出典)== * 原田 浩. 2001. 日本産地衣類の生物地理. Bunrui 1: 35-55. == ノート == *大型地衣類を中心に日本…」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

原田(2001)

文献(出典)

  • 原田 浩. 2001. 日本産地衣類の生物地理. Bunrui 1: 35-55.

ノート

  • 大型地衣類を中心に日本産地衣類の分布についてまとめている.
  • 日本産地衣類の世界における分布型として12の分布型が示されている(日本固有,東アジア型分布,東アジア・北米型分布,東アジア・北米東部・ヨーロッパ型分布,周極分布,両極分布,汎熱帯分布,旧熱帯分布,東南アジア・オーストララシア型分布,環太平洋分布,ヒマラヤ型分布,汎存).
  • 国内の地衣類分布について大型地衣類を中心に一部痂状地衣も加え,概略が述べられている(植生帯,基物の分布,水辺,その他).
  • 地衣類の分布を決める要因として繁殖方法と人為的移動が挙げられている.


関連するページ


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 地衣類 にもどる