「利用者:Ikeda」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
(旧デジタル自然史博物館から移動中のコンテンツ)
(原著論文・総説 Original Papers)
 
(1人の利用者による、間の6版が非表示)
35行: 35行:
 
#[[坪田・北村・上田・池田・久保・根平_2018|坪田博美・北村祐貴・上田美佐子・'''池田誠慈'''・久保晴盛・根平達夫.  2018.  広島の帰化植物9.広島県宮島で生育が確認された外来植物クサニンジンボク(シソ科).  Hikobia 17(4): 329-336.  [Tsubota, H., Kitamura, Y., Ueda, M., '''Ikeda, S.''', Kubo, H., Nehira,: Notes on alien plants in Hiroshima Prefecture, SW Japan: 9. A naturalized shrub ''Vitex negundo'' var. ''incisa'' (Lamiaceae) newly confirmed on Miyajima Island.  Hikobia 17(4): 329-336.]]]
 
#[[坪田・北村・上田・池田・久保・根平_2018|坪田博美・北村祐貴・上田美佐子・'''池田誠慈'''・久保晴盛・根平達夫.  2018.  広島の帰化植物9.広島県宮島で生育が確認された外来植物クサニンジンボク(シソ科).  Hikobia 17(4): 329-336.  [Tsubota, H., Kitamura, Y., Ueda, M., '''Ikeda, S.''', Kubo, H., Nehira,: Notes on alien plants in Hiroshima Prefecture, SW Japan: 9. A naturalized shrub ''Vitex negundo'' var. ''incisa'' (Lamiaceae) newly confirmed on Miyajima Island.  Hikobia 17(4): 329-336.]]]
 
#[[池田・後藤・塩路・武内・清水・坪田_2018|'''池田誠慈'''・後藤理史・塩路恒生・武内一恵・清水則雄・坪田博美.  2018 (2019).  離散後のオオサンショウウオの幼生が利用している落ち葉について.  広島大学総合博物館研究報告 10: 91-102.  ['''Ikeda, S.''', Goto, M., Shioji, T., Takeuchi, K., Shimizu, N. & Tsubota, H. 2018. Leaf litter, a critical habitat for juvenile Japanese giant salamander, ''Andrias japonicus'' (Amphibia: Caudata).  Bulletin of the Hiroshima University Museum 10: 91-102.]]]
 
#[[池田・後藤・塩路・武内・清水・坪田_2018|'''池田誠慈'''・後藤理史・塩路恒生・武内一恵・清水則雄・坪田博美.  2018 (2019).  離散後のオオサンショウウオの幼生が利用している落ち葉について.  広島大学総合博物館研究報告 10: 91-102.  ['''Ikeda, S.''', Goto, M., Shioji, T., Takeuchi, K., Shimizu, N. & Tsubota, H. 2018. Leaf litter, a critical habitat for juvenile Japanese giant salamander, ''Andrias japonicus'' (Amphibia: Caudata).  Bulletin of the Hiroshima University Museum 10: 91-102.]]]
 +
#[[坪田・池田・内田・紙本・塩路・久保・井上・中原-坪田・山口_2019|坪田博美・'''池田誠慈'''・内田慎治・紙本由佳理・塩路恒夫・久保晴盛・井上侑哉・中原-坪田美保・山口富美夫.  2019.  広島大学デジタル自然史博物館(生物分野)のコンテンツについて.  広島大学総合博物館研究報告 11: (印刷中).]]
  
 
===著書・報告書 Books, Reports===
 
===著書・報告書 Books, Reports===
49行: 50行:
 
===学会発表(ポスター発表) Papers Presented at Meetings at a Poster Session===
 
===学会発表(ポスター発表) Papers Presented at Meetings at a Poster Session===
 
#'''池田誠慈'''・岡田 純・宇都宮妙子.  オオサンショウウオの幼生が見られた生息環境.  第38回日本爬虫類両生類学会大会(1999(平成11)年11月27-28日, 横浜市慶応大学日吉キャンパス).
 
#'''池田誠慈'''・岡田 純・宇都宮妙子.  オオサンショウウオの幼生が見られた生息環境.  第38回日本爬虫類両生類学会大会(1999(平成11)年11月27-28日, 横浜市慶応大学日吉キャンパス).
 +
#後藤理史・'''池田誠慈'''・塩路恒生・武内一恵・清水則雄・坪田博美.  維管束植物相からみた広島県椋梨川のオオサンショウウオ幼生生息地の環境.  2019年度中国四国地区生物系三学会合同大会(2019(令和元)年5月11-12日,広島大学東広島キャンパス)
 +
<!--#宗像優生ほか.  廿日市市飯山の湿地に生息するオオサンショウウオの個体群について.  第16回日本オオサンショウウオの会真庭大会(2019(令和元)年10月05-06日,岡山県真庭市).-->
  
 
==社会貢献・社会との連携・その他==
 
==社会貢献・社会との連携・その他==
74行: 77行:
 
**[[廣島大學櫻曼荼羅]] -> 66品種をアップロード.
 
**[[廣島大學櫻曼荼羅]] -> 66品種をアップロード.
 
**[[東広島キャンパスの生き物]] -> 隔週更新
 
**[[東広島キャンパスの生き物]] -> 隔週更新
**[[東広島キャンパスの鳥類相]] -> 67/68種の解説ページが終了.写真を収集中(54/68種).
+
**[[東広島キャンパスの鳥類相]] -> 69種の解説ページが終了.写真を収集中(55/69種).
 
*[[広島県の鳥類]] -> 野生種85/301種 + 帰化鳥1/2種のページを作成済み.
 
*[[広島県の鳥類]] -> 野生種85/301種 + 帰化鳥1/2種のページを作成済み.
*[[広島県の淡水魚]] -> 87種4亜種中の30種のページを作成済み.
+
*[[広島県の淡水魚]] -> 87種4亜種中の35種のページが完成.
  
 
===旧デジタル自然史博物館から移動中のコンテンツ===
 
===旧デジタル自然史博物館から移動中のコンテンツ===
*[[魚類図鑑]] -> 約222/820種終了(133種の学名記載が残っている).
+
*[[魚類図鑑]] -> 約301/820種終了(202種の学名記載が残っている).
 
*[[広島県の昆虫]] -> 残り約130種
 
*[[広島県の昆虫]] -> 残り約130種
  
90行: 93行:
 
===編集を補助しているページ===
 
===編集を補助しているページ===
 
*[[黒瀬川水系の生き物]]
 
*[[黒瀬川水系の生き物]]
 +
*[[ががら山の維管束植物リスト]]
 +
*[[陣が平の維管束植物リスト]]
 
----
 
----
 
[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] /
 
[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] /
106行: 111行:
 
[[Category:広島県]]
 
[[Category:広島県]]
 
[[Category:三原市]]
 
[[Category:三原市]]
 +
[[Category:東広島市]]
 
[[Category:宮島]]
 
[[Category:宮島]]
 
[[Category:I]]
 
[[Category:I]]
 
[[Category:イ]]
 
[[Category:イ]]

2019年12月10日 (火) 18:17時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ> 宮島 > 植物観察会 | 植物


池田誠慈 Seiji IKEDA

  • 広島県レッドデータブック両生類・爬虫類調査員
  • 広島大学総合博物館契約技術職員
  • 広島大学大学院統合生命科学研究科附属宮島自然植物実験所及び東広島植物園ボランティア
  • 広島大学デジタル自然史博物館の編集員
  • An investigator of Red Data Book in Hiroshima Prefecture. (in charge of Herpetology Branch)
  • A technical staff of Hiroshima University Museum.
  • A volunteer of Miyajima Natural Botanical Garden, Graduate School of Science, Hiroshima University.
  • A volunteer of Higashi-hiroshima Botanical Garden.
  • An editor of Digital Natural History Museum of Hiroshima University.

研究内容

  • 広島県,特に三原市や東広島市をを中心とした瀬戸内地域の維管束植物フロラや植生調査
  • 植物・両生類・爬虫類の分布調査及び生物地理学的研究
  • 広島大学デジタル自然史博物館の編集及び情報発信
  • 帰化植物(ブルーリスト)
  • 絶滅危惧種

インターネットリソース

研究業績

業績リスト

原著論文・総説 Original Papers

  1. 池田誠慈・岡田 純・宇都宮妙子. 2000. 第38回日本爬虫類両生類学会大会記録講演要旨 3. オオサンショウウオの幼生が見られた生息環境. 爬虫両棲類学会報 2000(1): 45.
  2. 岡田 純・亀山 剛・池田誠慈. 2001. 鳥取県で発見されたナガレタゴカエル. 両生類誌 6: 18-20.
  3. 黒田有寿茂・池田誠慈・向井誠二・豊原源太郎. 2001. 宮島におけるコシダ(Dicranopteris linearis)とウラジロ(Gleichenia japonica)の分布様式とそれら2種の森林群落へ及ぼす影響. Hikobia 13(3): 387-396.
  4. 坪田博美・惠良友三郎・池田誠慈・久保晴盛・武内一恵・中原-坪田美保・内田慎治・向井誠二. 2015. 広島の帰化植物6.マメカミツレ. Hikobia 17(1): 73-79. [Tsubota, H., Era, Y., Ikeda, S., Kubo, H., Takeuchi, K., Nakahara-Tsubota, M., Uchida, S. & Mukai, S. 2015. Notes on naturalized plants in Hiroshima Prefecture, SW Japan: 6. New locality of Cotula australis (Sieber ex Spreng.) Hook.f. (Asteraceae). Hikobia 17(1): 73-79.]
  5. 坪田博美・池田誠慈・井上侑哉・内田慎治・向井誠二. 2015. 広島県のモロコシソウLysimachia sikokiana Miq.の現状について. Hikobia 17(1): 81-88. [Tsubota, H., Ikeda, S., Inoue, Y., Uchida, S. & Mukai, S. 2015. Current status of Lysimachia sikokiana Miq. (Primulaceae) in Hiroshima Prefecture, SW Japan. Hikobia 17(1): 81-88.]
  6. 池田誠慈・井上侑哉・諸石智大・宮本有希・久保晴盛・内田慎治・中原-坪田美保・武内一恵・松村雅文・坪田博美. 2017. 三原市久井岩海の維管束植物フロラ. 広島大学総合博物館研究報告 9: 49-68. [Ikeda, S., Inoue, Y., Moroishi, T., Kubo, H., Uchida, S., Nakahara-Tsubota, M., Takeuchi, K., Matsumura, M. & Tsubota, H. 2017. Checklist of vascular plants of Kui Block Field, Mihara City, Hiroshima Prefecture, Japan. Bulletin of the Hiroshima University Museum 9: 49-68.]
  7. 坪田博美・北村祐貴・上田美佐子・池田誠慈・久保晴盛・根平達夫. 2018. 広島の帰化植物9.広島県宮島で生育が確認された外来植物クサニンジンボク(シソ科). Hikobia 17(4): 329-336. [Tsubota, H., Kitamura, Y., Ueda, M., Ikeda, S., Kubo, H., Nehira,: Notes on alien plants in Hiroshima Prefecture, SW Japan: 9. A naturalized shrub Vitex negundo var. incisa (Lamiaceae) newly confirmed on Miyajima Island. Hikobia 17(4): 329-336.]
  8. 池田誠慈・後藤理史・塩路恒生・武内一恵・清水則雄・坪田博美. 2018 (2019). 離散後のオオサンショウウオの幼生が利用している落ち葉について. 広島大学総合博物館研究報告 10: 91-102. [Ikeda, S., Goto, M., Shioji, T., Takeuchi, K., Shimizu, N. & Tsubota, H. 2018. Leaf litter, a critical habitat for juvenile Japanese giant salamander, Andrias japonicus (Amphibia: Caudata). Bulletin of the Hiroshima University Museum 10: 91-102.]
  9. 坪田博美・池田誠慈・内田慎治・紙本由佳理・塩路恒夫・久保晴盛・井上侑哉・中原-坪田美保・山口富美夫. 2019. 広島大学デジタル自然史博物館(生物分野)のコンテンツについて. 広島大学総合博物館研究報告 11: (印刷中).

著書・報告書 Books, Reports

  1. 青山幹男(写真)・広島大学総合博物館 広島大学博物誌出版WG(編集 [編集・発行:池田秀雄・山口富美夫・坪田博美・清水則雄・塩路恒生・山口信雄・池田誠慈・青山恵子/解説:池田秀雄・坪田博美]). 2018. 広島大学東広島キャンパスのサクラ. 47 pp. 広島大学総合博物館, 東広島.

短報・解説 Short Reports

雑報・その他 Columns, etc.

書評・新刊紹介 Book Reviews

学会発表(口頭発表)Papers Presented at Meetings

学会発表(ポスター発表) Papers Presented at Meetings at a Poster Session

  1. 池田誠慈・岡田 純・宇都宮妙子. オオサンショウウオの幼生が見られた生息環境. 第38回日本爬虫類両生類学会大会(1999(平成11)年11月27-28日, 横浜市慶応大学日吉キャンパス).
  2. 後藤理史・池田誠慈・塩路恒生・武内一恵・清水則雄・坪田博美. 維管束植物相からみた広島県椋梨川のオオサンショウウオ幼生生息地の環境. 2019年度中国四国地区生物系三学会合同大会(2019(令和元)年5月11-12日,広島大学東広島キャンパス)

社会貢献・社会との連携・その他

学会・シンポジウム

  1. Hikobia会員
  2. 比婆科学教育振興会会員
  3. 九州両生爬虫類研究会会員
  4. 日本爬虫両棲類学会会員
  5. 日本両生類研究会会員
  6. 沖縄両生爬虫類研究会会員

委員会・委員

  1. 広島県レッドデータブック(RDB)両生類・爬虫類調査補佐員(2015年4月-2016年3月).
  2. 広島県レッドデータブック(RDB)両生類・爬虫類調査員(2016年4月-現在).

デジタル自然史博物館の編集

両生類・爬虫類を中心に動植物の写真と解説を担当.

最近編集中の主なページ

旧デジタル自然史博物館から移動中のコンテンツ

長期的に編集しているページ

編集を補助しているページ


デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ | 植物 | 宮島 にもどる