「井上・坪田 2015」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成:「=井上・坪田(2015)= *井上侑哉・坪田博美. 2015. 蘚類センボンウリゴケ属の帰属に関する最近の知見とセンボンウリゴケ科(...」)
 
 
(同じ利用者による、間の2版が非表示)
3行目: 3行目:
  
 
== 概略 ==
 
== 概略 ==
*蘚類センボンウリゴケ属の帰属に関する最近の知見について解説した.また,Timmiellaceaeに対する新和名としてセンボンウリゴケ科を提案した.
+
*蘚類センボンウリゴケ属の帰属に関する最近の知見について解説した.
 +
*[[Inoue_Tsubota_2014|Inoue & Tsubota(2014)]]で提案されたTimmiellaceaeに対して,新和名としてセンボンウリゴケ科を提案した.
 +
 
 +
==引用文献==
 +
*[[Inoue_Tsubota_2014|Inoue, Y. & Tsubota, H.  2014.  On the systematic position of the genus ''Timmiella'' (Dicranidae, Bryopsida) and its allied genera, with the description of a new family Timmiellaceae.  Phytotaxa 181(3): 151–162.]]
 +
 
 +
==インターネットリソース==
 +
*https://www.jstage.jst.go.jp/article/bryologicalresearch/11/4/11_KJ00009983642/_pdf/-char/en
 +
*https://www.jstage.jst.go.jp/article/bryologicalresearch/11/4/11_KJ00009983642/_pdf
  
 
[[Category:植物]]
 
[[Category:植物]]

2018年9月18日 (火) 09:41時点における最新版

井上・坪田(2015)

  • 井上侑哉・坪田博美. 2015. 蘚類センボンウリゴケ属の帰属に関する最近の知見とセンボンウリゴケ科(新称)の提案. 蘚苔類研究 11(4): 115-116.

概略

  • 蘚類センボンウリゴケ属の帰属に関する最近の知見について解説した.
  • Inoue & Tsubota(2014)で提案されたTimmiellaceaeに対して,新和名としてセンボンウリゴケ科を提案した.

引用文献

インターネットリソース