リュウキュウツワブキ 植物園・生態実験園

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2017年2月3日 (金) 22:45時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > リュウキュウツワブキ

リュウキュウツワブキの花(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Feb. 3, 2017)

目次

リュウキュウツワブキ(東広島キャンパスの植物)

和名

  • リュウキュウツワブキ

学名

  • Farfugium japonicum (L.) Kitam. var. luchuense (Masam.) Kitam.

分類

  • キク科 Asteraceae

分布

  • 奄美大島,沖縄島,西表島

広島大学植物園での花期

  • 2月

特徴

  • 琉球固有変種.
  • ツワブキとは葉の形が異なる.比して葉面積が狭くなっており,渓流環境に適応したものだと考えられている.
  • 環境省RDBカテゴリ:準絶滅危惧(NT)

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > リュウキュウツワブキ