ラムサール条約

2021年11月20日 (土) 19:03時点におけるChubo (トーク | 投稿記録)による版 (→‎解説)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

ラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)

正式名称
特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約

解説

  • 多様な生物のすみかである湖沼や河川,干潟などの湿地の保全と賢明な利用を目的とする.現在は水鳥以外の生物種も対象とし,生物多様性の保全を目的とする.
  • 1971年,条約締結のための会議が最初に開催された.最初の開催地がイランのラムサールであったためラムサール条約とよばれている.
  • 1971年採択,1975年発効.
  • 1999年,第7回締約国会議がコスタリカで開催され,水鳥以外の生物種も対象とした生物多様性全般の保全を目的とする方向で変更された.
  • 1980年,国内ではじめて北海道の釧路湿原が登録された.
  • 2012年,広島県の宮島も登録されている.

インターネットリソース