ヤマラッキョウ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2018年11月10日 (土) 10:13時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ヤマラッキョウ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

ヤマラッキョウの花(広島県東広島市 東広島キャンパスふれあいビオトープ; 撮影: 池田誠慈, Nov. 9, 2018)

目次

ヤマラッキョウ Allium thunbergii G.Don

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 単子葉植物綱 Monocotyledoneae > ヒガンバナ科 Amaryllidaceae(APG分類体系)ユリ科 Liliaceae) > ネギ属 Allium

解説

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 千代田町舞綱(yy-11421),豊平町今吉田(yy-11463),東広島市下三永(yy-7595),大野町自然観察の森(yy-5188),広島市金明山(yw-1375),比婆山(yw-5314),芸北町二川(yw-5590),三良坂町矢田(kk-1760),熊野町小迫地(mt-13143),呉市灰ヶ峰(yy-13402),大朝町松崎(yy-13458),福富町大谷山(km-5479),八千代町佐々井(rn-7840),東城町三坂(sf-3577),福山市菅町(sf-5439),帝釈峡(sf-5612),君田村宮が原(yw-10958),甲山町男鹿山(ns-100),大和町蔵宗(ns-1960),甲山町小世良(ns-2035),世羅西町黒川(ns-1927),呉市白岳山(mt-17692)総領町黒目(hh-8102),豊松村有木(sf-1497),久井町江木(sf-1932),府中市箱田(yk-10484)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 61460

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる