「ヤママユ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
27行目: 27行目:
 
==ギャラリー==
 
==ギャラリー==
 
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210808ヤママユ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_290698s.jpg|250px|thumb|right|ヤママユの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 8, 2021)
 
ファイル: 20190930ヤママユ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_79945s.jpg|200px|thumb|right|ヤママユの成虫(オス).晩夏を告げる大型のガである.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 30, 2019)
 
ファイル: 20190930ヤママユ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_79945s.jpg|200px|thumb|right|ヤママユの成虫(オス).晩夏を告げる大型のガである.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 30, 2019)
 
ファイル: 20200414ヤママユ幼虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_109152s.jpg|200px|thumb|right|ヤママユの若齢幼虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 14, 2020)
 
ファイル: 20200414ヤママユ幼虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_109152s.jpg|200px|thumb|right|ヤママユの若齢幼虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 14, 2020)

2021年10月16日 (土) 10:22時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヤママユ

ヤママユの成虫(メス).翅の色には変異がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 25, 2020)
コナラに見られたヤママユの幼虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 15, 2021)
ヤママユ(繭).成虫が羽化してから長い時間が経っているためか色褪せている.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jan. 18, 2019)

ヤママユ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Antheraea yamamai

分類

  • ヤママユガ科 Saturniidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • 日本産ヤママユでも大型種.
  • 成虫は晩夏~秋のみ出現する.
  • 翅の色は黄褐色,茶褐色,橙褐色など変異に富む.
  • 幼虫の食樹はコナラアベマキカシワ,ミズナラなど(ブナ科).
  • 東広島キャンパスでの個体数は少ない.

ギャラリー

備考

参考文献

  • 槐 真史・伊丹市昆虫館. 2013. ポケット図鑑日本の昆虫1400 (1) チョウ・バッタ・セミ. 320 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヤママユ