ヤマドリタケモドキ 広島大学東広島キャンパス

2019年8月9日 (金) 21:12時点におけるStudent03 (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > ヤマドリタケモドキ


ヤマドリタケモドキ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • ヤマドリタケモドキ

学名

  • Boletus reticulatus

分類

  • イグチ科Boletaceae

分布

  • 編集中

解説

  • 夏から秋にかけて主に広葉樹林の地上に発生する.
  • 幼菌の管孔は白く、成熟すると黄色になる.
  • 老菌は褐色になる.
  • 食用になるキノコである.

備考

参考文献

  • 今関六也・大谷吉雄・本郷次雄(編著). 2011. 山溪カラー名鑑 日本のきのこ, 増補改訂新版. viii + 639 pp. 山と溪谷社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > ヤマドリタケモドキ