ヤチシャジン

2019年2月16日 (土) 09:00時点におけるChubo (トーク | 投稿記録)による版 (→‎引用文献)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ヤチシャジン | 広島県の植物図鑑 / 和名順

ヤチシャジン Adenophora palustris Komar.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > キキョウ科 Campanulaceae > ツリガネニンジン属 Adenophora

解説

  • 本種は朝鮮半島,中国大陸(東北)から日本列島に分布する大陸系の植物で,県外では愛知・岐阜・岡山県に知られ,いずれも環境の悪化で絶滅が憂慮されている.
  • 広島県では,戦前に田代善太郎や佐藤月二により報告されていたが,戦後は実光(1977)の報告があるが自然遷移で消滅し,県内では絶滅したのではないかといわれていた.
  • 1989年ころに,実光紀之によって再発見されたが,その生育地は国営の牧場のため消滅した.
  • その後,実光や浅井幹夫により,いくつかの生育地が確認されている.
  • 広島市植物公園では,種子による増殖を研究中である.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,吉備高原面に稀に分布し,湿原とアカマツ低木林の接する境界に生育する.個体数は少ない.
  • 朝鮮半島,中国大陸(東北)から日本列島に分布.
  • 愛知,岐阜,岡山,広島.

産地

天然記念物

標本

  • 県中部(ns-915,ns-1530),県東部(sf-1550,ts-860823)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 広島県RDBカテゴリ: 絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN)
  • 環境庁RDBカテゴリ: 絶滅危惧IA類(CR)
  • 環境庁コード: 53970
  • 環境庁RDB,県RDB

文献(出典)

  • 実光(1977),環境庁(1979),土井(1983),下田ほか(1989),広島県(1995),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

引用文献

  • 実光紀之.1977. 世羅台地の自然.250 pp. 世羅町立大田中学校,広島.

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる