モミ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2021年9月21日 (火) 03:34時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動
モミ(広島県東広島市鏡山 東広島キャンパスサタケ広場; 撮影: 中村 創, Jan. 25, 2021)
モミの葉(広島県東広島市鏡山 東広島キャンパスサタケ広場; 撮影: 中村 創, Jan. 25, 2021)

モミ(東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名 Japanese name

学名

  • Abies firma Siebold & Zucc.

分類

  • マツ科 Pinaceae

分布

  • 本州(秋田県・岩手県以南)・四国・九州(屋久島まで)の山地に生える.

東広島キャンパスの花期

  • 調査中

特徴

  • マツ科の常緑高木.
  • 樹皮は灰色~暗灰色で鱗片状に浅く剥がれる.
  • 葉は線形扁平で,裏面に灰白色の気孔帯が2条ある.葉先は2裂し,成木では鈍頭であるが,若木のものは鋭く尖る.
  • 日本固有で,本州の東北地方以南・四国・九州にかけて分布する.東北地方では太平洋沿岸を中心に分布するが,秋田県能代市の「母体(もたい)のモミ林」は秋田県の天然記念物に指定されている.

English

English name

  • Japanese fir
  • momi fir

Scientific name

  • Abies firma Siebold & Zucc.

Taxonomy

  • Pinaceae

Distribution

  • Distributed mountains of Honshu (Akita and Iwate prefectures and southwards), Shikoku and Kyushu (up to Yaku Island).

Flowering season

Notes

  • A tall evergreen tree of the family Pinaceae.
  • Bark gray to dark gray, shallowly peeling in scales.
  • Leaves linearly oblong, with two grayish-white stomatal bands on the underside. Leaf tips bifid, obtuse in adult trees, acutely pointed in young trees.
  • Endemic to Japan, and distributed from the northeastern part of Honshu to the south, Shikoku and Kyushu. In the Tohoku region, it is distributed mainly along the Pacific coast, and the "Motai fir forest" in Noshiro City, Akita Prefecture, is designated as a natural monument of Akita Pref.

中文

中文名 Chinese name

科学名

  • Alnus firma Siebold & Zucc.

分类

分布

开花季节

解说

ギャラリー Gallery 画廊

関連ページ


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > モミ