ムツボシツヤコツブゲンゴロウ

提供: 広島大学デジタル博物館
2024年4月18日 (木) 10:44時点におけるTArimura (トーク | 投稿記録)による版 (→‎解説)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 動物総合ページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > ムツボシツヤコツブゲンゴロウ| 広島県の動物図鑑 / 和名順

ムツボシツヤコツブゲンゴロウ Canthydrus politus (Sharp, 1873)

分類

節足動物門 Arthropoda > 昆虫綱 Insecta > コウチュウ目 Coleoptera > コツブゲンゴロウ科 Noteridae > コツブゲンゴロウ亜科 Noterinae > ツヤコツブゲンゴロウ属 ‎Canthydrus > ムツボシツヤコツブゲンゴロウ Canthydrus politus

解説

  • 頭部と前胸背は光沢のある明るい黄色で, 上翅は黒色. 上翅には3対の黄褐色班があるが変異が大きい.
  • 体型は卵形. 背面に向けて著しく盛り上がる.

分布・産地・天然記念物・RDB

分布

  • 本州, 四国, 九州, 南西諸島(トカラ列島)
  • 朝鮮半島, 中国

産地

  • 呉市,福山市,東広島市.(広島県RDBカテゴリ 2021)

天然記念物・RDB

  • 環境省RDBカテゴリ:絶滅危惧II類(VU)
  • 広島県RDBカテゴリ(2003):準絶滅危惧(NT)
  • 広島県RDBカテゴリ(2011):準絶滅危惧(NT)
  • 広島県RDBカテゴリ(2021):絶滅危惧II類(VU)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

ギャラリー

関連ページ

文献

  • 濱田將大・木谷昌喜・島添信一・井上大輔. 2008. 東広島市の水生甲虫. 広島虫の会会報, 47: 1–6.
  • 小坂敏和. 2004. 東広島市の甲虫類(2)–水生の甲虫–. 広島虫の会会報, 43: 19–22.

インターネットリソース

参考文献

  • 三田村敏正・平澤 桂・寄居重幸. 2017. ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシ. 176 pp. 文一総合出版, 東京.
  • 中島 淳・林 成多・石田和男・北野 忠・吉富博之. 2020. ネイチャーガイド 日本の水生昆虫. 352 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 動物総合ページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > ムツボシツヤコツブゲンゴロウ| 広島県の動物図鑑 / 和名順