「ムツボシタマムシ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
9行目: 9行目:
  
 
==学名==
 
==学名==
*''Chrysobothris succedanea ''
+
*''Chrysobothris succedanea''
  
 
==分類==
 
==分類==

2020年10月20日 (火) 11:14時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ムツボシタマムシ

ムツボシタマムシの成虫(メス).木の上をせわしなく動き回る.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 1, 2019)
ムツボシタマムシの成虫(メス).オオムツボシタマムシに似るが,本種のほうがより小型で斑紋が大きい.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 1, 2019)

ムツボシタマムシ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Chrysobothris succedanea

分類

  • タマムシ科 Buprestidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • 鞘翅に3対の黄緑色の斑紋があるタマムシ.
  • オオムツボシタマムシに似るが,より小型で斑紋が大きい.
  • 広葉樹や針葉樹の伐採木などに見られる.
  • 東広島キャンパスでの個体数はふつう.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ムツボシタマムシ