「ミンミンゼミ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
20行目: 20行目:
  
 
==解説==
 
==解説==
 +
*緑色を基調とした斑紋をもつ大型のセミ.
 +
*西日本ではやや山地に多く,低地では少ない傾向がある。
 +
*日中に「ミーンミンミンミンミー」と特徴的な声で鳴く.
 
*東広島キャンパスでは,8月中旬から鳴き始める.
 
*東広島キャンパスでは,8月中旬から鳴き始める.
  

2021年6月4日 (金) 11:39時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ミンミンゼミ

ミンミンゼミの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep 9, 2017)
ミンミンゼミ成虫(オス)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Aug. 17, 2018)
鳴くミンミンゼミの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 13, 2019)
アキニレの枝に産卵するミンミンゼミの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 13, 2020)

ミンミンゼミ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Hyalessa maculaticollis

分類

  • セミ科 Cicadidae

分布

  • 日本全土,国外では朝鮮半島や中国.

解説

  • 緑色を基調とした斑紋をもつ大型のセミ.
  • 西日本ではやや山地に多く,低地では少ない傾向がある。
  • 日中に「ミーンミンミンミンミー」と特徴的な声で鳴く.
  • 東広島キャンパスでは,8月中旬から鳴き始める.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ミンミンゼミ